千葉雄大が綾野剛のアドリブに「嬉しかった…」『亜人』完成披露試写会

佐藤健と綾野剛

佐藤健と綾野剛

9月4日(月)東京・有楽町にて、佐藤健を主演に迎えて贈る実写『亜人』(9月30日公開)の完成披露試写会が行われた。会場には佐藤をはじめ、玉山鉄二城田優千葉雄大川栄李奈浜辺美波綾野剛ら豪華キャストと本広克行監督、主題歌アーティスト・THE ORAL CIGARETTESも登壇した。

>写真をもっと見る

綾野が千葉に「かわいい顔して、いいこと言うね」

病気の妹(浜辺)を救うために研修医となった主人公・永井圭(佐藤)は、ある日、事故で自らが“命を繰り返す新人類”亜人であることが判明する。国家に追われ続け、非人道的な実験のモルモットになってしまう亜人の運命…。そんな圭の前に突如、人類に牙をむく亜人最強のテロリスト【佐藤】(綾野)が現れる…。

本作の、”死なない人類”亜人のアクションについて佐藤は「これまでのアクション映画のなかで、見たことのあるアクションは1秒もいらない。亜人という死なない者同士の闘いは一歩間違えると茶番になってしまう。だからこそ、“亜人”ならではのアクションや、意味のある闘いにしていかなくちゃいけないところが難しいところでしたね」とコメント。綾野も「やっぱり、佐藤健を追い込むのは楽しかったですね…。いい顔するんですよ(笑)」と佐藤とのアクションを自身も堪能した様子で話しながら、「彼(佐藤)とは信頼関係で成り立っているからこそ、最後まであのアクションをやり通せた。リセットすることを織り込んだ戦いなので頭脳アクションバトルという新感覚のアクションになっていると思います」と本作ならではの亜人アクションをアピールした。

城田優、川栄李奈、山田裕貴

城田優、川栄李奈、山田裕貴

そんな本作で人間に激しい敵意を抱く亜人【田中】を演じた城田と、亜人管理委員会【下村泉】を演じた川栄のふたりは身長差40cmのアクションに挑戦。難しかったポイントについて城田は「もちろん身長の問題は難しいところもありますが、なにより女性を相手に殺陣をしたことですね。普段は同性同士なので本番は思いっきりやるねって感じでいけるんですけど…」と話し始めると、佐藤と綾野から「え?思いっきりやったの?…怖い怖い…」とイジリが飛ぶ。これには城田も「コラ!最後まで話を聞け!お前ら、…お前らは役者やめちまえ! 仕事だよ! プライベートで川栄ちゃん本気でバシバシってやらないですから!」と必死で弁明し会場を沸かせた。

また、佐藤の思想に共感し仲間になる【奥山】を演じた千葉は、綾野のアドリブで嬉しかったシーンについて「奥山のセリフで『首切ってドラム缶に封印』っていうがあったんですけど…。それを言った後に綾野さんが『かわいい顔して、いいことと言うね』って言うアレンジを加えてくださった嬉しかったです」と告白。これには綾野も「それで喜んでくれている事実を知って僕も嬉しいです」とコメント。また千葉のキャラについて「原作のキャラと千葉雄大の雰囲気は違っているんですが、彼がやったことでまた洗練された物になっている。彼の可愛らしいビジュアルと強度のあるセリフだったので、素直に出てきたアドリブですね…。だって可愛くないですか?」と会場に語りかけると、会場からも黄色い歓声が上がり、千葉も気恥ずかしそうな表情を見せた。

浜岡美波、千葉雄大

浜岡美波、千葉雄大

そんな本作は、座席が揺れる体感型MX4Dでの上映も決定している。それについて本広監督は「観て頂ければ分かりますが、本作のカメラはずっと動いているので椅子もずっと動きます。上下の動きも多くてディズニーランドのアトラクションみたいな感じ(笑)。匂いも凄いくて…、ポイントによっては雪(泡)も降る。すごい、ヤバいすッよ!」と力強くアピールした。

(取材・文・nony)


映画『亜人』
9月30日(土)全国公開

監督:本広克行
原作:桜井画門「亜人」(講談社「good!アフタヌーン」連載)
出演:佐藤健 玉山鉄二 城田優 千葉雄大 川栄李奈 山田裕貴 
浜辺美波 品川祐 / 吉行和子 / 綾野剛

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST