チャン・チェン主演×SABU監督最新作『Mr.Long/ミスター・ロン』公開決定!

(C)2017 LIVE MAX FILM / HIGH BROW CINEMA

(C)2017 LIVE MAX FILM / HIGH BROW CINEMA

第67回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され、熱烈なスタンディングオベーションで迎えられた話題作『Mr.Long(原題)』が邦題を『Mr.Long/ミスター・ロン』として、12月より新宿武蔵野館ほかにて公開することが決定。併せてメインカットも到着した。

本作は、台湾の腕利きの殺し屋“ロン”が、日本での任務に失敗し、追われた先の村で、少年ジュンと母リリー、そしてちょっと変わった村人たちと出会い、徐々に人間らしさを取り戻していく姿を描くハートウォーミング・バイオレンス・ストーリー。主人公のロンを演じるのは『牯嶺街少年殺人事件』の主演を務めて人気を博し、『グリーン・デスティニー』『レッド・クリフ』シリーズなどにも出演してきたチャン・チェンだ。

心を閉ざした少年ジュンを演じるのは、オーディションを勝ち抜き今後の活躍が期待されるバイ・ルンイン。ジュンの母リリーを演じるのは、中国のテレビドラマなどで活躍しているイレブン・ヤオ。そしてリリーの過去の恋人・賢次を、『たたら侍』で主演を張った劇団EXILEの青柳翔が演じる。監督は『弾丸ランナー』にて衝撃のデビューを飾り、その後も『蟹工船』『天の茶助』などを手掛けたSABUが務める。

チェンは無口ながらもそのわずかな表情の変化で、日本語を喋れない殺し屋ロンの絶妙な心の動きを表現。十人のヤクザと対峙するシーンでは、流れるような美しいナイフさばきをスタント無しで披露し、そのナイフさばきは、本作にて度々描かれる調理シーンにも表れている。

ロンと心を閉ざした少年ジュンの父子のような愛、リリーに一途な思いを寄せる賢次の想いには胸を打つものがあり、世話好きで「食いついたら離れない」という「すっぽん村」の住人たちとロンとのコミュニケーションの中には、SABU監督のユーモアが存分に散りばめられている。まさに“アクション・笑い・涙”と見どころ満載のエンターテインメントがここに完成した。

解禁となったメインカットには、鋭い眼光を向けるロンの姿が捉えられている。その表情が意味するのは、愛するものを守ろうとする決意か、それとも復讐の怒りか?視線の先に一体何が表れたのかは、ぜひ劇場で確かめてほしい。


映画『Mr.Long/ミスター・ロン』
12月 新宿武蔵野館ほか全国順次公開

出演:チャン・チェン、イレブン・ヤオ、バイ・ルンイン、青柳翔
監督/脚本:SABU『天の茶助』
製作:LiVEMAX FILM LDH pictures BLK2 Pictures Kaohsiung Culture Foundation Rapid Eye Movies
配給:HIGH BROW CINEMA

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

青柳翔

生年月日1985年4月12日(33歳)
星座おひつじ座
出生地北海道

青柳翔の関連作品一覧

SABU

生年月日1964年11月18日(53歳)
星座いて座
出生地和歌山県

SABUの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST