【今夜】金曜ロードショー『バトルシップ』ハズせない名セリフ5選!

『バトルシップ』がいよいよ放送!聞き逃したら損する名セリフ5選(※画像は公式サイトより引用)

『バトルシップ』がいよいよ放送!聞き逃したら損する名セリフ5選(※画像は公式サイトより引用

9月8日放送の日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」では、ピーター・バーグ監督バトルシップがいよいよ放送となる! 電撃の放送中止から、ユーザーによる代替上映祭などなど…数々のドラマを生み出し続けてきた本作。そこで今回は、念願の放送を前にSNS上でみんなが絶叫したくなる名セリフをおさらい!ぜひ、出撃に備えて頂きたい!

Twiiterで叫びたがってるんだ!ここだけは外せない!

【あらすじ】
ある日、ハワイ沖にアメリカや日本をはじめ各国の軍艦が集結し、大規模な合同軍事演習が行われようとしていた。血気盛んな米海軍の新人将校アレックスは、日本から参加した自衛艦艦長のナガタに激しいライバル心をむき出しにする。そんな中、演習海域に正体不明の巨大な物体が出現する。さっそくアレックスの乗る駆逐艦とナガタの自衛艦、それにアレックスの兄ストーンが艦長を務めるサンプソン号の3隻が偵察に向かうが…。

(1)アレックス「5分時間をくれたらチキン・ブリトーを食わせる」(映画冒頭)

主人公・アレックス(テイラー・キッチュ)が酒場で見かけた美女・サマンサ(ブルックリン・デッカー)の気を惹く為に宣言するこのセリフ。日本ではなじみの薄い“チキンブリトー”を一躍有名にした名シーンでもある。今夜は、ブリトー片手にテレビの前でスタンバイして頂くことをおススメする。

(2)アレックス「でも、今の駆逐艦はすごいぞ!」(映画前半)

RIMPAC(環太平洋合同演習)開催式に遅刻しながらも、アレックスは退役戦艦ミズーリのツアーに来ていた少年に戦艦と駆逐艦の説明を行う。戦艦と駆逐艦の魅力を明快に説明した例え話は必見。SNS上では、昨今の艦これブームと相まってコラ画像も大量生成される人気セリフになっている。

また、最新鋭の“イージス艦”と戦艦の違いについてピンと来ない方は、かわぐちかいじ・作ジパングも併せて参照して頂きたい。

(3)レイクス「ドナルド・トランプとマイク・タイソンのコンボね」(映画前半)

演習を前にアグレッシブに仲間を鼓舞するアレックスの気性を揶揄してレイクス(リア―ナ)が言い放つセリフ。しかし、2012年の公開当時に、トランプ氏の名前を知っている日本人はどれだけいただろうか…? SNS上でも、「ドナルドトランプが悪口の代名詞ww」、「まさかそのドナルド・トランプが大統領になるとはねぇ。」と時の流れと世相を感じさせるコメントに溢れている。

(4)ナガタ「あいつアホだな…」(映画中盤)

そして本作で見逃せないのは、海上自衛隊みょうこう艦長ナガタ演じる浅野忠信。なかでも、日本語のセリフが耳に残るのだ!

まず、注目して頂きたいのは、ハワイ沖に突如出現したエイリアンに無謀な攻撃を仕掛けるアレックスに言い放つ「アホ」というセリフ。その後に「援護するぞ!」と果敢に攻め込む姿が印象的。

そして、映画後半の津波ブイによる“排水量を利用した”作戦でのナガタの日本語セリフも聞き逃せない! 困難な状況のなか、ナガタの指示で見事エイリアンにロケット弾を着弾! これにはナガタも「うまいよ!おまえら!」と興奮するのだが…。

(5)アレック「だが、今日じゃない」(クライマックス)

言わずもがなの名セリフ。駆逐艦を全てエイリアンに破壊されたアレックスたち。しかしそんな彼らには伝説のバトルシップ・ミズーリと、過去の乗組員たちが残されていた! 迫りくるミサイルを前にアレックスが言い放つこの決め台詞セリフ。果たして、彼の秘策とは…? ここから始まる大反撃を見逃すな!

また、クライマックスで退役軍人のおじいちゃんが言い放つ「戦艦が簡単に沈むか!」という名セリフが、前述でアレックスが戦艦の能力を説明するセリフ(2)と呼応していることにも注目頂きたい。

上記以外にも、名セリフや名戦闘シーンに溢れた本作。あなたはどのシーンがお気に入りだろうか…? ぜひ、堅苦しいことは考えずに、好きなシーンを絶叫しながら思いっきり鑑賞して頂きたい。

>金曜ロードSHOW!で『バトルシップ』が歩んだ軌跡を、みる。

(文・nony)

フォトギャラリー

バトルシップ

バトルシップ

出演者 テイラー・キッチュ  アレキサンダー・スカルスガルド  リアーナ  ブルックリン・デッカー  浅野忠信  リーアム・ニーソン  ピーター・マクニコル  ハミッシュ・リンクレイター  アダム・ゴドリー  グレゴリー・D・ガドソン
監督 ピーター・バーグ
製作総指揮 ジョナサン・モーン  ブレイデン・アフターグッド
脚本 ジョン・ホーバー  エリック・ホーバー
音楽 スティーヴ・ジャブロンスキー
概要 「キングダム/見えざる敵」「ハンコック」のピーター・バーグ監督が、エイリアンの襲撃に立ち向かう日米軍艦乗組員たちの決死の戦いを描く洋上バトル・アクション大作。主演は「ジョン・カーター」のテイラー・キッチュ、共演に浅野忠信、リアーナ、リーアム・ニーソン。ある日、ハワイ沖にアメリカや日本をはじめ各国の軍艦が集結し、大規模な合同軍事演習が行われようとしていた。血気盛んな米海軍の新人将校アレックスは、日本から参加した自衛艦艦長のナガタに激しいライバル心をむき出しにする。そんな中、演習海域に正体不明の巨大な物体が出現する。さっそくアレックスの乗る駆逐艦とナガタの自衛艦、それにアレックスの兄ストーンが艦長を務めるサンプソン号の3隻が偵察に向かうが…。

 作品詳細・レビューを見る 

ジパング

ジパング

監督 古橋一浩
脚本 竹田裕一郎
原作者 かわぐちかいじ
音楽 佐橋俊彦
声優 稲田徹  東地宏樹  星野貴紀  うえだゆうじ  屋良有作  外波山文明  石塚運昇
声の出演 稲田徹  東地宏樹  星野貴紀  うえだゆうじ  屋良有作  野島健児  外波山文明  石塚運昇  松山鷹士  竹本英史
概要 『週刊モーニング』連載のかわぐちかいじの同名IF戦記コミックが原作のTVアニメ。2004年10月から2005年3月まで全26話が放映された。200X年6月、海上自衛隊所属の最新鋭イージス艦みらいは、なんと太平洋戦争のまっただ中へとタイムスリップしてしまう。そこで、みらいの副長・角松洋介二佐は、目の前で海上に墜落した戦闘機と共に沈もうとしている旧日本海軍の通信科情報参謀の草加拓海少佐を救出してしまう。さらに、草加に未来の情報を伝えてしまったことから、歴史が大きく改変され、みらいとそのクルーたちは大きな歴史のうねりに巻き込まれていく。みらいのクルーたちは、この極限状況をどう生き延びるか、どうすれば元の時代へ戻れるのか、そして歴史を変えてしまったこと、戦争を止められないことなどに対し、悩み、葛藤していく。SF的設定でありながら、それを感じさせないリアリズムと、濃厚なヒューマンドラマが特徴の重厚な作品。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST