『キングスマン:ゴールデン・サークル』9月15日よりムビチケ発売!英米スパイが大暴れの30秒予告映像も解禁

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

2018年1月5日に公開となる映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』のムビチケカードが、来る9月15日より全国の上映劇場(※一部劇場を除く)で発売開始となることが決定。前作に引き続き物語の主人公となるエグジー(タロン・エガートン)、そしてキングスマンを象徴するキャラクターとして大人気のハリー(コリン・ファース)の2種類から選べるムビチケは、ぜひゲットしてほしい。併せて、劇中で同盟関係にある英米のスパイ機関それぞれの強烈な個性が際立つ30秒予告映像も到着した。

「Suited.」の文字が前面に踊っている通り、英国紳士を象徴する衣装で”キングスマン”らしさが全開のクールな仕上がりとなったムビチケ。派手さとスマートさを兼ね備えたスモークオレンジのジャケットが映えるエグジーは、街のチンピラから一流のエージェントへと成長を遂げたオーラたっぷりの凛とした表情が印象的。一方のハリーは、ミスマッチとも思われる厚手のムートンジャケットとストライプのダブルスーツ、片目を隠したメガネを身に着け、死んだと思われた前作から謎の復活を果たす本作でのミステリアスな存在感をアピールしている。

到着した30秒予告では、英国のキングスマンと米国のステイツマンという同盟関係にある2つのスパイ機関が結束し、互いの強烈な個性をぶつけ合いながら、謎の強大な敵ゴールデン・サークルの陰謀から世界を救うために立ち上がる様を映し出す。エグジーとハリーの2人を筆頭に、本作から登場を果たす超豪華キャストによる新キャラクターも続々登場し、ギミック満載で痛快なアクションが好評を博した前作を凌駕する、キレッキレなアクションには、公開に向けて期待が膨らむ。


映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』
2018年1月5日(金)日本公開

監督:マシュー・ヴォーン
出演:コリン・ファース、ジュリアン・ムーア、タロン・エガ―トン、マーク・ストロング、ハル・ベリー、エルトン・ジョン、チャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジス
原題:Kingsman: The Golden Circle
全米公開日:2017年9月22日
配給:20世紀FOX映画
2017年/イギリス映画

フォトギャラリー

キングスマン

キングスマン

出演者 コリン・ファース  マイケル・ケイン  タロン・エガートン  マーク・ストロング  ソフィア・ブテラ  サミュエル・L・ジャクソン  ソフィー・クックソン  マーク・ハミル  ハンナ・アルストロム  ジャック・ダベンポート
監督 マシュー・ヴォーン
製作総指揮 マーク・ミラー  デイヴ・ギボンズ  スティーヴン・マークス  クローディア・ヴォーン  ピエール・ラグランジェ
脚本 ジェーン・ゴールドマン  マシュー・ヴォーン
原作者 マーク・ミラー  デイヴ・ギボンズ
音楽 ヘンリー・ジャックマン  マシュー・マージェソン
概要 「キック・アス」のマシュー・ヴォーン監督と原作者のマーク・ミラーが再びタッグを組み、「英国王のスピーチ」の名優コリン・ファースを主演に迎えて贈る痛快スパイ・アクション。高級テーラー“キングスマン”で仕立て職人として働く英国紳士のハリー。その正体は、どの国家にも縛られることなく秘密裏に正義を遂行する国際的なスパイ組織“キングスマン”のエース・エージェント。ある日、エージェントの一人が何者かに殺害され、その欠員を補充するためハリーは、貧困地区で無軌道な生活を送っていた若者エグジーをスカウトする。彼の父はキングスマンのエージェントで、17年前、その犠牲的行為でチームを救い、命を落としたハリーの恩人だったのだ。こうして、キングスマンの過酷な新人試験に身を投じていくエグジーだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

コリン・ファース

生年月日1960年9月10日(57歳)
星座おとめ座
出生地イギリス

コリン・ファースの関連作品一覧

マイケル・ケイン

生年月日1933年3月14日(85歳)
星座うお座
出生地英・ロンドン

マイケル・ケインの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST