ミステリーだけではない!北欧おすすめ映画4選-TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

北欧作品といえば「ドラゴン・タトゥーの女」のミレニアムシリーズが思い出されますが、ミステリーだけじゃない!2017年にはアカデミー賞外国映画賞に2作品ノミネートされる程、勢いのある作品がそろってます。 いろんなジャンルの素敵な北欧映画をご紹介いたします。

アイルランドが生んだ、すい込まれるような映像美

  ソング・オブ・ザ・シー 海のうた

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた

好評レンタル&発売中

世界中の賞レースを席巻したアイルランドの長編アニメ。娘を産んだ母が海へ消えた悲しみにとらわれていた家族が再生していく姿を描く。日本の羽衣伝説にも似た物語を、豊潤なイマジネーションが躍動する、水彩をベースにした美麗なアニメーションでつづる。

【ステキな北欧映画のPoint】

アカデミー長編アニメ映画賞ノミネートしたこの作品。大人も子供も楽しめる作品になってます。主人公はアイルランドの妖精セルキーの母と人間の父から生まれた兄妹。セルキーとは海ではアザラシになり、陸では人間の姿になるという日本にはなじみのない妖精です。兄妹は導かれるように冒険を始めます。 寒い国だけあって、描かれている海や森は深くて暗いのですが、月や星の光に照らされ、神秘的な映像になっています。きっと、きれいな絵本にすい込まれるような感覚になるはずです。

作品詳細・レビューを見る

スウェーデンの兄弟愛にキュンとする

  シンプル・シモン

シンプル・シモン

好評レンタル&発売中

物理とSFが大好きなシモンは、アスペルガー症候群の青年。相手の気持ちが考えられず、気分を損ねるとすぐにドラム缶製の“ロケット”に閉じこもってしまう。でも兄のサムはそんなシモンへの接し方も心得たもので、ロケットの中のシモンとも、ちゃんと宇宙飛行士との交信のように会話する。ところがその兄がシモンのせいで恋人にフラれてしまった。シモンは大好きな兄に元気になってもらため、彼にぴったりの“完璧な恋人”を探し始めるのだったが…。

【ステキな北欧映画のPoint】

スウェーデンに住む、アスペルガー症候群の弟が兄のために彼女を探し奮闘します。ハンディキャップをもった人に重きを置いた話ではなく、日常の中で、兄弟たちのうれしいことも悲しいこともいっぱいつまった話で、観終わった後、気持ちがあったかくなるような作品になっています。ジャケットの背景からもわかるように、壁紙や家具が素敵で、おしゃれなインテリアも見どころの一つです。

作品詳細・レビューを見る

フィンランド流?本当に必要なものは?自分は何を選択するのか?

  365日のシンプルライフ

365日のシンプルライフ

好評レンタル&発売中

本作の監督でもあるフィンランドの青年ペトリ・ルーッカイネンはある日、ふとしたきっかけからモノにあふれた生活をリセットしようと思い立ち、部屋にあったモノ全部を近所の倉庫に運び込む。そして、倉庫から持ち出せるのは1日に1個だけ、しかも一切何も買わないというルールを自分に課し、1年間生活してみることに。

【ステキな北欧映画のPoint】

観終わった後、自分の立場に置き換え悩んでしまいます。シンプルライフが尊重されるフィンランド。1日1個持ってくるというルールを課し、まず主人公は、コートを持ち出します。何もない家に裸にコート、次の日は靴、、、少し笑える光景ですが、主人公は徐々に物を増やし、本当に大切なものは何かに気づいていきます。1年間の間に発生する出来事も面白く、心に響く言葉もたくさんあります。 生活に困ったとき、断捨離前に、この映画を見返そうと思える作品です。

作品詳細・レビューを見る

やっぱり、ミステリー!デンマークの相棒

  特捜部Q 檻の中の女

特捜部Q 檻の中の女

好評レンタル&発売中

捜査ミスにより部下を殉職させ、自身も重傷を負った経験を持つ殺人課の刑事・カール。新設部署である特捜部Qへ配属されることになったが、そこは未解決事件の残務整理を主な業務とする閑職部署だった。仕事をしていく中で、カールは5年前に起きた女性議員の失踪事件に興味を持つ。議員のミレーデが、船から姿を消した後自殺として処理されていたのだ。助手アサドの力を借りながら、カールは再調査に挑むのだが…。

【ステキな北欧映画のPoint】

日本で文庫化され「特捜部Q」としてシリーズになっているこの作品。映画は既に3作品作られています。デンマークの「相棒(杉下右京と亀山薫)」のような警察2人が、猟奇的な殺人に立ち向かい問題を解決していきます。北欧ミステリーだけあって、少しどことなく暗く、笑いは少ないですがストーリーは奥深く重厚な作品で引き込まれてしまいます。 オススメは、1作目の「檻の中の女」ですが、「キジ殺し」「Pからのメッセージ」も徐々に二人の息もあってきて面白い作品になってます。是非、3作品を順に観てほしいです。

作品詳細・レビューを見る

【オススメ人】
TSUTAYAスタッフ:ふじこ

SFアクション映画好きの父、韓流ドラマにどっぷりはまった母に育てられた田舎娘。上京し、映画の版権管理の仕事をして早8年。 いつかは、高画質プロジェクターと、それが映せるような大きな家がほしいと夢見ながら日々映画と向き合ってます。

>様々なジャンルやテーマで映画をおすすめ中! TSUTAYA映画通スタッフが教えるとっておきの映画はコチラ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST