【微グロ注意】『エイリアン:コヴェナント』体を喰い破るVR映像が到着!

【VR】こちらのシーンをネオモーフ視点で見ると…

【VR】こちらのシーンをネオモーフ視点で見ると…/(C)2017 Twentieth Century Fox.jpg

リドリー・スコット監督が贈る、シリーズ最新作『エイリアン:コヴェナント』が9月15日(金)に公開となる。この度、本作でデビューする危険な生命体<ネオモーフ>の誕生が描かれた特別映像が公開となった!

ネオモーフから見た、正しい背中の破り方!?

この度、到着した映像は、エイリアンの卵にチェストバスター、フェイスハガー、成長したゼノモーフと共に登場する危険な生命体<ネオモーフ>の視点で描かれる。人間の身体に寄生したネオモーフが、寄生した者の手当てを行っている人たちの叫び声の中、急成長を遂げていく…。

そして、遂にネオモーフ自身の手で、人間の背中を突き破って飛び出していく様子が描かれる。エイリアンで登場したチェストバスターは、人間の胸を突き破り、ヘビのような状態から脱皮して成長するが、ネオモーフは既に四肢があるように見て取れる。『エイリアン』シリーズのモンスター神殿に加わる最新のエイリアン:ネオモーフはどのような姿で登場するのだろうか。

そんなネオモーフについて、スコット監督は「ネオモーフのデザインは容易ではなかった」と明かす。本作でオラム船長を演じたビリー・クラダップは「知性を持っているところがエイリアンを独特なものにしている。リドリーは生物学に関心があって、エイリアンを作る構成要素はどれも、彼が自然から利用したものだ。エイリアンにはこの世の物ではないところがあるが、同時にとても馴染みのある感じもする」と語っていることからも、ネオモーフの登場に益々期待が高まる。

『エイリアン』でチェストバスターに腹を破られる壮絶な役を演じたジョン・ハートは生前、「他の宇宙人映画とは一線を画す作品だ。とても現実味があるからだ。恐怖映画だが、論理的な視点があって、そこが成功の鍵だ」とコメントを残しており、新旧クルーが、“エイリアンは現実的”だと口を揃えている。

>【100円で作れる!自作VRゴーグルで楽しみたい方はこちら…】


映画『エイリアン:コヴェナント』
2017年9月15日全国公開

監督:リドリー・スコット
出演:マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン
配給:20世紀フォックス映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

リドリー・スコット

生年月日1937年11月30日(80歳)
星座いて座
出生地

リドリー・スコットの関連作品一覧

ジョン・ハート

生年月日1940年1月22日(77歳)
星座みずがめ座
出生地英・ダービシャー・チェスターフィールド

ジョン・ハートの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST