【本日公開!】『エイリアン:コヴェナント』リドリー・スコット監督も自信たっぷりでアピール!!

『エイリアン:コヴェナント』

『エイリアン:コヴェナント』/(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

リドリー・スコット監督が贈るシリーズ最新作『エイリアン:コヴェナント』が、遂に本日より公開! 公開日となる本日、38年振りにシリーズに戻ってきたスコット監督の自信が垣間見える特別映像が到着した!

エイリアンの1シーンから始まる映像で「彼ほど優秀な映画監督は希少だ」とアンドロイドのウォルターを演じたマイケル・ファスベンダーをはじめキャストたちは、口を揃える…。

『エイリアン』の「はじめてみる生物だ」というセリフやキャストたちの証言のようにまさにスコット監督のような才能ある監督はハリウッドでも数少ない。1977年のデュエリスト/決闘者から24本の監督作品を公開しているスコット監督において、本作は12本目の全米No.1作品。今年11月30日で80歳となるが、今年だけで『エイリアン:コヴェナント』を始め、プロデュース作品の『オリエント急行殺人事件』、トム・ハーディを主演に迎えたTVシリーズ「タブー」の製作総指揮など、映画、TVで11本作品をプロデュースし、来年以降の作品としてはすでに13本を手掛けることが発表されている“ハリウッドで最も多忙”な存在である。

そんなスコット監督は「「エイリアン」の世界に戻れて嬉しい」と喜ぶ。続けて「続編を作るたび恐怖のハードルが上がる。常に挑戦だ。だから、今回は新しい生物を作り出した」と本作でデビューするエイリアンの第一世代ネオモーフについて期待が高まるコメント。別のインタビューでは「いつまでもモンスターに廊下を追いかけられるシーンを続けることはできない」とも語っており、その言葉を裏付けるように到着した映像では、ファスベンダーが「シリーズ史上最恐だよ」とどのシリーズよりも衝撃的であることを明かす。スコット監督自身も「ファンの予想を超える期待以上の作品になるだろう」と自信の程を明かす。

到着した映像でもアクション満載のシーンが描かれており、益々期待が高まる本作。シリーズ最大のミステリーと極限のスリルを体感すると共に、新たな伝説の目撃者となる!


映画『エイリアン:コヴェナント』
公開中

監督:リドリー・スコット
出演:マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン
配給:20世紀フォックス映画

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

リドリー・スコット

生年月日1937年11月30日(80歳)
星座いて座
出生地

リドリー・スコットの関連作品一覧

マイケル・ファスベンダー

生年月日1977年4月2日(41歳)
星座おひつじ座
出生地独・ハイデルベルク

マイケル・ファスベンダーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST