【映像】アニメ『カウボーイビバップ』の渡辺信一郎監督が『ブレードランナー2049』“前奏”を描く!

渡辺信一郎が『ブレードランナー2049』“空白の30年間”を描く!

渡辺信一郎が『ブレードランナー2049』“空白の30年間”を描く!

SF映画史上最高傑作の続編『ブレードランナー 2049』が10月27日(金)公開。このたび、前作の舞台である2019 年から、本作2049 年にいたるまでの、“空白の30 年間”のエピソードが語られるショートフィルムの制作が決定! その内の一エピソードに、日本アニメ界を代表する監督・渡辺信一郎が大抜擢された。

2019年から2049年までに何が起こったのか…

前作から本作の舞台“2049 年”に至るまでの空白の30 年間。デッカードが姿を消した後の世界では、レプリカントは寿命を持たないよう改良された。しかし2022年、アメリカ西海岸で原因不明の大規模停電が発生し、食物は供給がストップ。世界中がそれを“レプリカントが原因”と非難したことで、レプリカントの製造は法令で禁止された。そんな中、この世界のピンチを救ったのが、科学者ウォレス(ジャレッド・レト)だった。彼は人工農法によって食糧難を解決するあらたなエコシステムを開発。さらに、以前レプリカントを製造していたタイレル社を買い取り、ウォレスは新型レプリカントの製造を始め、“レプリカント禁止法”の廃止を実現させた。

その“前奏”をひとつの作品として描くため、「ブレードランナー2049」製作チームが白羽の矢を立てたのは日本を代表するアニメーション監督、渡辺信一郎監督。カウボーイビバップアニマトリックスサムライチャンプルーなどを手がけ、日本のみならず海外でも高い評価を得続けるアニメーション監督だ。『ブレードランナー 2049』の制作スタジオであるAlcon Entertainment からオファー受け、短編アニメーション「ブレードランナー ブラックアウト2022」を制作することが決定した。本アニメーションの制作は追い込みに入っており、今回このニュースとともに解禁となるのが、その現場を垣間見ることのできる予告映像。

渡辺監督の「アニメ版を制作するにあたり気を付けたのは、『ブレードランナー』に最大限のリスペクトを払うこと」とのコメントとともに、渡辺監督の描く「2022年」の世界が一部お披露目され、『ブレードランナー』ファンならずとも期待を感じずにはいられない!10月27日公開の映画『ブレードランナー 2049』の前奏となる本アニメーションは、9月26日にお披露目が予定されている。


映画『ブレードランナー2049』
2017年10月27日(金)
全国ロードショー

製作総指揮:リドリー・スコット
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レトー、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ

フォトギャラリー

アニマトリックス

アニマトリックス

監督 アンディー・ジョーンズ  渡辺信一郎  前田真宏  川尻善昭  小池健  森本晃司  ピーター・チョン
製作総指揮 ジョエル・シルバー
脚本 アンディー・ウォシャウスキー  ラナ・ウォシャウスキー  川尻善昭  森本晃司  渡辺信一郎  ピーター・チョン
声の出演 キャリー=アン・モス  キアヌ・リーブス  ケヴィン・マイケル・リチャードソン  パメラ・アドロン  ベッド・フォード  ジュリア・フレッチャー  デイン・デイヴィス  クレイトン・ワトソン  ヘディ・バーレス  フィル・ラマール
概要 『ファイナル・フライト・オブ・ザ・オシリス』――ジュエが仮想空間で剣術のトレーニングをしていた時、突然警報が鳴る。彼らの乗るホバークラフト、オシリス号がセンティネル(敵の兵士)に発見されたのだ。センティネルから逃れて地上に出たオシリス号は、そこで驚くべき事実を知る。ザイオンの人々にその事実を伝えるためジュエは危険な任務に就くのだった…。ほか、『セカンド・ルネッサンス パート1』&『パート2』『キッズ・ストーリー』『プログラム』『ワールド・レコード』『ビヨンド』『ディテクティブ・ストーリー』『マトリキュレーテッド』の全9編。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST