エマ・ワトソン×トム・ハンクスの話題作『ザ・サークル』本ポスターと本予告が到着!

(C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

(C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソンと、名優トム・ハンクスの共演作として話題を呼んでいる、SNSをテーマにした映画『ザ・サークル』より、本ポスターと本予告が到着した。また、本作のメガホンを取ったジェームズ・ポンソルト監督が、10月上旬に来日することも明らかになった。

解禁された本ポスターには、“「いいね!」のために、生きている。”という、SNS上で「いいね!」を求めてしまいがちな現代社会に生きる人々が、思わずハッとさせられるコピーが綴られている。一方の予告編には、超巨大SNS企業<サークル>に採用された主人公メイ(ワトソン)が、カリスマ経営者ベイリー(ハンクス)の目に留まり、サークル社が提案する新サービスのモデルとなって、生活のすべてをシェアする様子が映し出される。

自信を漲らせながらスピーチを行い、大勢の人々に囲まれながらセルフィーに応じるメイは、SNSを通じてアイドル的な人気を獲得。「チャンスを逃すことが怖い」と語る彼女は、SNSで花開いた自らの人生に胸を膨らませているようだが、予告編の雰囲気は途中で様変わりする。親友のアニー(カレン・ギラン)からは「人を蹴落とせて満足でしょうね」と嫌味を言われ、幼馴染のマーサー(エラー・コルトレーン)にも「僕の生活は君のせいでめちゃくちゃだ」と不満を口にされる。

そしてベイリーは、「まだシェアが足りないと思わないか?」と人々を煽り、メイにさらなるプライベートのシェアを要求する。メイはサークルが間違っていることに気づき、その暴走に向き合い、何かを暴こうとする様子。予告編の最後には、ベイリーに問い詰められながら不敵な笑みを浮かべるメイの姿が映し出されているが、果たして彼女の狙いとは?


映画『ザ・サークル』
11月10日(金)全国公開

<STORY>世界No.1のシェアを誇る超巨大SNS企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件をきっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェンジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの24時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に1000万人超のフォロワーを得てアイドル的な存在になるのだが―。

出演:エマ・ワトソン『美女と野獣』、トム・ハンクス『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ、ジョン・ボイエガ『スター・ウォーズ フォースの覚醒』、カレン・ギラン『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』、エラー・コルトレーン『6才のボクが、大人になるまで』、ビル・パクストン『エイリアン』シリーズ
監督&脚本:ジェームズ・ポンソルト
原作:デイヴ・エガーズ著「ザ・サークル」(早川書房)
音楽:ダニー・エルフマン『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』
編集:リサ・ラセック『アベンジャーズ』シリーズ
撮影:マシュー・リバティーク『ブラック・スワン』
美術:ジェラルド・サリバン『グランド・ブタペスト・ホテル』
原題:The Circle/2017年/アメリカ/シネスコ/5.1chデジタル/110分/配給:ギャガ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST