松岡茉優『勝手にふるえてろ』は「女の子の背中をツンツンと叩けるような作品」―第30回東京国際映画祭ラインナップ発表記者会見

 

第30回東京国際映画祭のラインナップ発表記者会見

第30回東京国際映画祭のラインナップ発表記者会見が、26日に都内で実施され、瀬々敬久監督、森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈(コンペティション部門『最低。』より)、大九明子監督(コンペティション部門『勝手にふるえてろ』より)、原恵一監督(アニメーション特集『映画監督 原恵一の世界』より)が出席。『勝手にふるえてろ』で主演を務めた松岡茉優はビデオメッセージを寄せ、「たくさんの女の子の背中をツンツンと叩けるような作品になっていることを願います」と思いを語った。

綿矢りさの同名小説を映像化した『勝手にふるえてろ』の大九監督は、「綿矢さんの作品は、他のものは拝読していたんですけど、これは読んでいなくて。(プロデューサーから原作を)受け取った途端、タイトルを見て、絶対やる!と即思って」と述懐。主演を務める松岡茉優については、現場での集中力が高いと前置きしたうえで「内向的と言いますか、独特な性格の女の子を演じてもらっているんですけど、リアルな(主人公の)ヨシカそのものみたいな感じで。大変、集中している姿が印象的でした」と評価した。

当日は、出席が叶わなかった松岡からのビデオメッセージも到着。松岡は「今回、初めて映画の主演を務めさせていただきまして、本当にたくさんの思いがあるんですが、大九監督をはじめ、原作の綿矢さんも女性だったりとか、本当に女性スタッフが集まって作った作品です」と誇らしげにコメント。また「たくさんの女の子の背中をツンツンと叩けるような作品になっていることを願います」とも語った。

一方、人気AV女優・紗倉まなによる同名小説を映像化した『最低。』のメガホンを取った瀬々監督は「いわゆるAV業界の裏話的なものではなくて、AV女優さんの友人関係であり、家族の関係であるとか、それを取り巻く日常というか、そういうものを緻密に描かれた小説だった」とコメント。コンペティション部門に選出されたことについては「アダルトビデオというものが、日本の社会の中でどういう位置づけであったりとか、そういうことも含めて、日本がどう変わっていくのかみたいなことを、世界の人たちに、日常の断面でいいんですけど、考えてもらえたらいいなとは思っています」と期待を込めた。

同作で主演を務めた森口は、「そういうシーンがある役であったということで、覚悟はすごく要る作品だなとは思っていたので、最初引き受けさせていただいて、うれしかったですけど、撮影に入る前くらいに、なんで受けちゃったんだろうって思いました…。すみません(笑)」とオファーを受けた時のことを回想。作品については「紗倉さんの原作に書いている通り、一度足を踏み入れてしまったら…というようなところが、映画に描かれているんじゃないかなとは思います」と語った。

第30回東京国際映画祭コンペティション部門上映作品は、以下の通り。

『アケラット―ロヒンギャの祈り』(マレーシア)※ワールド・プレミア

『ナポリ、輝きの陰で』(イタリア)※インターナショナル・プレミア

『ペット安楽死請負人』(フィンランド)※アジアン・プレミア

『さようなら、ニック』(ドイツ)※ワールド・プレミア

『グレイン』(トルコ/ドイツ/フランス/スウェーデン/カタール)※アジアン・プレミア

『グッドランド』(ルクセンブルク/ドイツ/ベルギー)※アジアン・プレミア

『ザ・ホーム―父が死んだ』(イラン)※インターナショナル・プレミア

『迫り来る嵐』(中国)※ワールド・プレミア

『最低。』(日本)※ワールド・プレミア

『マリリンヌ』(フランス)※インターナショナル・プレミア

『泉の少女ナーメ』(ジョージア/リトアニア)※ワールド・プレミア

『シップ・イン・ア・ルーム』(ブルガリア)※ワールド・プレミア

『スパーリング・パートナー』(フランス)※アジアン・プレミア

『スヴェタ』(カザフスタン)※ワールド・プレミア

『勝手にふるえてろ』(日本)※ワールド・プレミア

(取材・文・写真:岸豊)


映画『勝手にふるえてろ』
12月23日より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国公開

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊
監督・脚本:大九明子
出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー)石橋杏奈 北村匠海(DISH//)
趣里 前野朋哉 池田鉄洋 稲川実代子 栁俊太郎 山野海
梶原ひかり 金井美樹 小林龍二(DISH//)増田朋弥 後藤ユウミ 原扶貴子 仲田育史 松島庄汰 古舘寛治 片桐はいり
配給:ファントム・フィルム
主題歌:黒猫チェルシー「ベイビーユー」(Sony Music Records)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

綿矢りさ

生年月日1984年2月1日(34歳)
星座みずがめ座
出生地京都府京都市

綿矢りさの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST