実写『ハガレン』IMAX&4DX上映決定!邦画最大級規模のスクリーン数で公開へ

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

荒川弘による同名コミックの実写映画『鋼の錬金術師』が、IMAX(R)&4DX(R)版で上映を行うことが決定。これによって、上映規模は邦画史上最大級となった。

本作は、錬金術によって肉体を失ったエドワード(山田涼介)&アルフォンス・エルリック兄弟が繰り広げる壮大な冒険を描くファンタジー・ロマン。メガホンを取ったのは、ジェームズ・キャメロン監督の『タイタニック』でCGを手掛け、『ピンポン』で日本映画の新たな扉を開いた映像のスペシャリスト・曽利文彦監督だ。

現在開催中の「鋼の錬金術師展」のオープニングセレモニーイベントで、完成を控える本作の一部映像を見たウィンリィ役の本田翼は、「原作をとても大事にしているので、観たいシーンが詰まっています!錬成物が出てくるバトルシーンを実際に見ることが出来て感動しました。映像が美しい!」とコメント。ホムンクルス(人造人間)・エンヴィー役を演じた本郷奏多も、「名シーンをふんだんに再現している。今までの日本映画のクオリティじゃないレベル」と太鼓判を押していた。

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

今回、通常の2D版に加え、IMAX(R)2D版、4DX(R)版の上映が決定したことで、本作は近年のワーナー・ブラザース映画配給作品としては『デスノート Light up the NEW world』(2016年公開/興収21億円突破)の379スクリーン、『銀魂』(2017年公開/興収38億円突破)の335スクリーンを超えた、トータル約400スクリーン以上での上映を予定している。これは邦画最大級規模のスクリーン数での公開だ。


映画『鋼の錬金術師』
2017年12月1日(金)全国ロードショー

山田涼介 本田 翼 ディーン・フジオカ
蓮佛美沙子 本郷奏多/國村隼
石丸謙二郎 原田夏希 内山信二 夏菜
大泉洋(特別出演) 佐藤隆太/小日向文世/松雪泰子

原作:「鋼の錬金術師」荒川 弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
監督:曽利文彦
脚本:曽利文彦 宮本武史
音楽:北里玲二
主題歌:MISIA「君のそばにいるよ」(アリオラジャパン)
製作:映画「鋼の錬金術師」製作委員会
制作プロダクション:OXYBOT
配給:ワーナー・ブラザース映画

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

荒川弘

生年月日1973年5月8日(45歳)
星座おうし座
出生地北海道

荒川弘の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST