『ブレードランナー 2049』レプリカントがよく分かる“2036年”エピソード短編映像が到着!

ブレードランナー2049

10月27日に公開を迎える映画『ブレードランナー 2049』より、レプリカントの創造主ウォレス役のジャレッド・レトが怪演を見せる衝撃映像が到着。この映像を手掛けたのは、前作『ブレードランナー』を監督した“SF 映画の巨匠”リドリー・スコットの息子であるルーク・スコット監督で、革命的SF映画“ブレードランナー”シリーズで、奇跡の親子共作が実現する形となった。

「ブレードランナー2049」へ至る、空白の 30 年間とは――?

前作から本作の舞台“2049 年”に至るまでの空白の30年間──つまりデッカードが姿を消した後の世界では、レプリカントは寿命を持たないよう改良された。しかし 2022年に、アメリカ西海岸で原因不明の大規模停電が発生し、食物の供給がストップ。世界中がそれを“レプリカントが原因”と非難したことで、レプリカントの製造は法令で禁止された。この世界の危機を救ったのがウォレス(ジャレッド・レト)だった。彼は人工農法によって食糧難を解決するあらたなエコシステムを開発。さらに、以前レプリカントを製造していたタイレル社を買い取り、新型レプリカントの製造を始め、 “レプリカント禁止法”の廃止を目論んでいく…。

このショートフィルムの監督を務めたルーク・スコット監督は、前作『ブレードランナー』をはじめ、『エイリアン』シリーズや、アカデミー賞(R)作品賞ノミネート作『オデッセイ』などを手掛けた、“SF 映画の巨匠”リドリー・スコットの息子。デビュー作『Morgan(原題)』をはじめ、自身の監督作では “ブレードランナー”を意識させる“人工生命体”を題材にしてきたルーク監督は、製作総指揮を務める父と、満を持して『ブレードランナー 2049』で“親子共作”を果たした。

「2036:ネクサス・ドーン」と題されたこの映像の舞台は、前作でデッカードが恋人の女性レプリカントと共に姿を消してから 17 年後の2036 年の世界。そこには、<巨大な陰謀>を目論む科学者であり、レプリカントの新たな創造主となるウォレスが、禁止法に反して製造した新型レプリカント「ネクサス9」について説明する姿が収められている。彼の話から分かるのは、新型レプリカントは “顧客の要望に応じた寿命を持つ” “反抗することも逃亡することもない”“ただ従うだけ” という“完成されたもの”だということだ。

そして映像のラストは、“レプリカント禁止法”を廃止させるため、従順さを主張しながらも自らの命を絶つレプリカントと、「ここで下される決定は、世界の命運を左右する。さて、どうする?」と人間たちに迫るウォレスの姿で締めくくられる。2036年に起こったこの出来事は、ウォレスが“なぜレプリカントを製造できるようになったのか”を明かし、2049 年に“人間とレプリカントの境界線が崩れ去る”発端のエピソードとなっているので、『ブレードランナー2049』の公開に向けて、是非チェックしてほしい。


映画『ブレードランナー2049』
2017年10月27日(金)
全国ロードショー

製作総指揮:リドリー・スコット
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レトー、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ハリソン・フォード

生年月日1942年7月13日(76歳)
星座かに座
出生地米・イリノイ

ハリソン・フォードの関連作品一覧

ルトガー・ハウアー

生年月日1944年1月23日(74歳)
星座みずがめ座
出生地オランダ・ユトレヒト・ブルーケレン

ルトガー・ハウアーの関連作品一覧

ショーン・ヤング

生年月日1959年11月20日(58歳)
星座さそり座
出生地アメリカ

ショーン・ヤングの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST