天海祐希がマーベル史上最強の女ヴィラン、 沢城みゆきは女戦士に!『マイティ・ソー』最新作へ吹替出演決定!!

(C)Marvel Studios 2017

(C)Marvel Studios 2017

11月3日(金・祝)より公開となる『マイティ・ソー』シリーズ最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』の日本語吹替版に女優の天海祐希と声優の沢城みゆきが新キャラクターとして参戦することがわかった。

天海は本作に登場する史上最強の女ヴィラン「死の女神・ヘラ(演:ケイト・ブランシェット)」の声を担当。主人公ソーの究極の武器ムジョルニア(ハンマー)を簡単に破壊し、「アベンジャーズ」の双璧ソーとハルクの前に立ちはだかる最強の敵を演じる。一方の沢城が演じるのは、主人公ソーたちと共にヘラに立ち向かう女戦士・ヴァルキリー(演:テッサ・トンプソン)。

このほか「アベンジャーズ」シリーズを通じて声優を担当している三宅健太(マイティ・ソー役)、平川大輔(ロキ役)、宮内敦士(ハルク/ブルース・バナー役)が本作でも同キャラクターの声を担当し、こちらも新キャラとなるコーグ役を、金谷ヒデユキが担当する。

天海祐希コメント

(C)Marvel Studios 2017

(C)Marvel Studios 2017

実写映画の声優として、これだけ長く複雑なセリフに声をあてるのは今回がはじめてだったので緊張しましたが、俳優としても尊敬するケイト・ブランシェットさんの声を演じるということで、お仕事をいただきとても光栄でした。ケイト・ブランシェットさんがすごく素敵な低音の声で演じられていたので、低音の声で、英語の流れるような印象がでるように意識して演じさせていただきました。私が演じた死の女神・ヘラというキャラクターは、1人で1000人に立ち向かうほど最強なのですが、なぜ復讐をするのか? がわかる重要なシーンでは、彼女が深い心の闇を抱えていることがわかってとても好きなシーンです。

完成前のものを役得で先に拝見させてもらいましたが、とってもおもしろいです。期待していてください。ファンの方が多い作品なので、気に入ってもらえると嬉しいです

沢城みゆきコメント

マイティ・ソーとロキ、大・大・大好きです!ですので、お仕事のオファーを頂いた時は、とても嬉しく、光栄でした。ヴァルキリーの、戦士としてのカッコ良さだけではなく、彼女のチャーミングなキャラクターを出せるように、工夫しながら担当させて頂きました。皆様、どうぞご期待ください!


映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』
11月3日(金・祝)全国ロードショー

監督:タイカ・ワイティティ
​製作:ケヴィン・ファイギ
出演:クリス・ヘムズワース(ソー)、トム・ヒドルストン(ロキ)、ケイト・ブランシェット(ヘラ)、アンソニー・ホプキンス(オーディン)他
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

フォトギャラリー

マイティ・ソー

マイティ・ソー

出演者 クリス・ヘムズワース  ナタリー・ポートマン  トム・ヒドルストン  ステラン・スカルスガルド  コーム・フィオール  レイ・スティーブンソン  イドリス・エルバ  カット・デニングス  浅野忠信  ジェイミー・アレクサンダー
監督 ケネス・ブラナー
製作総指揮 アラン・ファイン  スタン・リー  デヴィッド・メイゼル  パトリシア・ウィッチャー  ルイス・デスポジート
脚本 アシュリー・エドワード・ミラー  ザック・ステンツ  ドン・ペイン
音楽 パトリック・ドイル
概要 シェイクスピア劇の映画化に定評のあるケネス・ブラナー監督が、ハリウッドの豪華スターを起用して贈るアメコミ原作ヒーロー・アクション大作。乱暴ゆえに神の世界を追放された男が、人間の女性との交流を通して心の成長を遂げ、やがて訪れる地球と神の世界の危機に立ち上がる姿を描く。神の世界“アスガルド”で最強の戦士ソー。しかし、強すぎるあまり、その傲慢さゆえに無用な争いを引き起こし、ついには神々の王である父オーディンの怒りを買ってしまう。そして力を奪われ、地球に追放されてしまう。しかし、そこで出会った天文学者のジェーンによって少しずつ分別と他者への思いやりを身につけていくソーだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

出演者 クリス・ヘムズワース  ナタリー・ポートマン  トム・ヒドルストン  アンソニー・ホプキンス  ステラン・スカルスガルド  イドリス・エルバ  クリストファー・エクルストン  アドウェール・アキノエ=アグバエ  カット・デニングス  レイ・スティーブンソン
監督 アラン・テイラー
製作総指揮 スタン・リー  ルイス・デスポジート  ヴィクトリア・アロンソ  クレイグ・カイル  アラン・ファイン  ナイジェル・ゴストゥロウ
脚本 クリストファー・L・ヨスト  クリストファー・マルクス  スティーヴン・マクフィーリー
音楽 ブライアン・タイラー
概要 クリス・ヘムズワースがマーベル・コミックの人気キャラクター“ソー”を演じた「マイティ・ソー」の続編にして「アベンジャーズ」のその後を描くアクション・アドベンチャー大作。共演はナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、アンソニー・ホプキンス。監督はTV「ゲーム・オブ・スローンズ」のアラン・テイラー。“アベンジャーズの戦い”から1年。ロンドンで原因不明の重力異常が発生し、天文物理学者のジェーンが調査に向かう。ところがその際、ジェーンの身体に全宇宙を闇に変える恐るべき力“ダーク・エルフ”が取り込まれてしまう。愛するジェーンの異変を察知したソーは、再び地球を訪れると彼女を神の国“アスガルド”へと連れて行くが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

クリス・ヘムズワース

生年月日1983年8月11日(35歳)
星座しし座
出生地豪・メルボルン

クリス・ヘムズワースの関連作品一覧

ナタリー・ポートマン

生年月日1981年6月9日(37歳)
星座ふたご座
出生地イスラエル

ナタリー・ポートマンの関連作品一覧

トム・ヒドルストン

生年月日1981年2月9日(37歳)
星座みずがめ座
出生地

トム・ヒドルストンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST