【第30回東京国際映画祭】河瀬直美、映画祭は「人生に似ている」後進の指導方針にも言及

河瀬直美監督

河瀬直美監督

河瀬直美監督が、3日に都内で実施された第30回東京国際映画祭の「日本外国特派員協会 Japan Now部門記者会見」に、安藤紘平(「JAPAN NOW」部門プログラミングアドバイザー)、久松猛朗(東京国際映画祭 フェスティバルディレクター)とともに出席。カンヌ国際映画祭でエキュメニカル賞を受賞した『光』が、近年の日本映画を振り返り、現在の日本を代表する作品の数々を、映画祭独自の視点でセレクションするJapan Now部門に出品されるだけでなく、マスタークラスにも参加する河瀬監督は、映画祭そのものについて「人生に似ている」と語った。

故郷の奈良で「なら国際映画祭」を主催している河瀬監督は、映画祭には混乱があるとしたうえで、「人生に似ているというか。映画作りも同じなんですけど、そういう壁があるからこそ乗り越えるというような、そういう場でもある。そして様々な国の人が、自分たちの映画を持って、一つの場所に集まり、ある期間にそうして出会うことができる。また国に戻り、そしてまた戻ってくるという、地球を循環していく中の一つに、映画祭ってあるのかなと考えています」とコメント。

東京国際映画祭について「少し距離感があるような感じがしていました」と明かしつつ、「皆さんの要求とか、そういうものの中から、近づいてきているような感覚を受けています」とも語った河瀬監督。同映画祭で行う若手の映画作家向けのトークイベント「マスタークラス」については、「自分は生きているということと、映画を作るということがあまり切り離して考えられていなくて。そこのプライベートな部分と、作るっていう部分が、どういう風にして融合していっているのかというようなことを、何か具体例などを出して、マスタークラスをしていきたいという風には思っています」と意気込みを語った。

また、積極的に行っている後進の指導に話が及ぶと「奈良国際映画祭では、新しい人たちと一緒に、私がプロデューサーとして作っています。今まさに奈良では、イラン人の女性監督が映画を撮っている最中なんですけれども、そういったところでも、何かを教えるということだけじゃなくて、一緒に何かをやっていくという、ワークショップ的なことがやっていければいいなという風に考えています」と話していた。

(取材・撮影・文:岸豊)


<第30回東京国際映画祭 開催概要>
■イベントタイトル:第30回東京国際映画祭 
■開催期間:2017年10月25日(水)~11月3日(金・祝)
■会場:六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他
■公式サイト:www.tiff-jp.net

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST