映画『ドリーム』が『ムーンライト』『それでも夜は明ける』超えの大ヒットスタート!

(C)2016Twentieth Century Fox

(C)2016Twentieth Century Fox

第89回アカデミー賞(R)で、3部門(作品賞、助演女優賞、脚色賞)にノミネートされた映画『ドリーム』が、9月29日より全国63スクリーンで日本公開を迎え、土日の2日間で動員数42,739人、興行収入50,609,100円、29日からの3日間で動員54,652人、興収65,144,200円を記録し、文字通りのロケットスタートを果たした。この数字は、初週土日対比で『ムーンライト』(全国75スクリーン・最終興収3億円)の106.3%、『それでも夜は明ける』(全国57スクリーン、最終興収4億円)の124.8%の推移となっており、アカデミー賞(R)作品賞受賞作品を凌ぐ大ヒットスタートとなった。

本作は、1960年代初頭の、有色人種への差別意識がまだ色濃く存在していたアメリカを舞台に、苦難に屈せず奮闘する3人の黒人女性たちの姿を描くヒューマンドラマ。日本公開を迎えると、金曜日の早朝から幅広い年代が劇場に詰めかけ、仕事帰りの時間帯から週末はOL層やカップルを大量動員。穴のない理想的な展開を見せ、最大スクリーンが用意されたTOHOシネマズ日本橋では、土日の早々から満席となる大盛況ぶりを見せた。他の多くのシネコンでも満席の回が続出し、非常に数多くの劇場で、週末において最も多くの観客を動員した作品となっている。

鑑賞後の評価も非常に高く、各レビューサイトでも圧倒的な高評価を連発。SNSでは「全編が名言の連発!」「今年度No.1映画出ました。何故アカデミー賞はこれを選ばなかった?」「人生で最高の映画となった」といった感動の声が寄せられているため、口コミ効果でさらなる興収アップも期待できそうだ。


映画『ドリーム』
公開中

監督:セオドア・メルフィ『ヴィンセントが教えてくれたこと』
脚本:アリソン・シュローダー、セオドア・メルフィ
製作:ドナ・ジグリオッティ、ピーター・チャーニン、ジェノ・トッピング、ファレル・ウィリアムス、セオドア・メルフィ
音楽:ハンス・ジマー、ファレル・ウィリアムス、ベンジャミン・ウォールフィシュ
出演:タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ、ケビン・コスナー、キルスティン・ダンスト、ジム・パーソンズ、マハーシャラ・アリ
全米公開:2016年12月25日
原題:Hidden Figures
配給:20世紀FOX映画

それでも夜は明ける

それでも夜は明ける

出演者 キウェテル・イジョフォー  マイケル・ファスベンダー  ベネディクト・カンバーバッチ  ポール・ダノ  ポール・ジアマッティ  ルピタ・ニョンゴ  サラ・ポールソン  ブラッド・ピット  アルフレ・ウッダード  ドワイト・ヘンリー
監督 スティーヴ・マックィーン[監督]  スティーヴ・マックイーン
製作総指揮 テッサ・ロス  ジョン・リドリー
脚本 ジョン・リドリー
音楽 ハンス・ジマー
概要 南北戦争前の19世紀前半に実在した黒人男性ソロモン・ノーサップの自伝を映画化した衝撃の伝記ドラマ。ニューヨークで普通の市民として自由な生活を送っていた主人公が、ある日突然何者かに誘拐され、南部の農園に売り飛ばされた末に体験する想像を絶する奴隷生活の行方を描く。主演は「キンキーブーツ」のキウェテル・イジョフォー、共演にマイケル・ファスベンダー。監督は「SHAME -シェイム-」のスティーヴ・マックィーン。ニューヨークで妻子とともに自由黒人として暮らしていた音楽家のソロモン・ノーサップ。ある日、2週間の興行に参加した彼は、興行主に騙され、奴隷として大農園の主に買われていく。過酷な奴隷生活の中、懸命に人間としての尊厳を守ろうとするノーサップだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST