白石和彌監督が考える、『彼女がその名を知らない鳥たち』の“鳥”の意味とは?

イベントの様子

イベントの様子

10月28日に全国公開を迎える映画『彼女がその名を知らない鳥たち』が10月8日に、メガホンを取った白石和彌監督と、映画評論家の松崎健夫をゲストに招き、トーク&ティーチインイベントを実施した。

松崎から蒼井の女優としての凄さを問われた白石監督は「びっくりするぐらい手がかからない女優さんで、竹を割ったような性格の方でした。印象として、蒼井さんは憑依型の女優だと思います。恐らく20代の間に経験値を積んで、演技幅のコントロールが出来る様になっていると思うのですが、時々入り込み過ぎて破りさる瞬間があるんです。見ていてこちら側がエンタテイメントな気持ちにさせてくれて、本当に楽しくてしょうがなかった印象です」と絶賛。

舞台が関西となる本作だが、メインキャストで誰一人として関西出身者がいないという事実に驚いたと松崎が発言すると、白石監督は「関西弁はしっかり喋ってもらおうと思ってひたすら練習してもらいました。ただ松坂さんと竹野内さんが演じるキャラクターは、冷たい感じにしたかったので標準語にしました」と述懐。

タイトルの中にある“鳥”と言う名詞が何を表しているのか、そして白石監督の中で重要な要素として捉えられているのでは?と質問されると、「このタイトルの意味が何なのか、著者の沼田まほかる先生から出された宿題だと思ったんです。“彼女”というのは当然十和子であって、“鳥たち”というのは陣治が持っていた愛なのではないかと思いました」と胸中を明かした。

観客とのQ&Aコーナーに入ると、多くの観客が挙手して白石監督へ質問をぶつけていった。原作を読んだという観客からは「原作と組み立てが違う部分がありますが、映像化にあたり見せ方を変えようと思いましたか」という質問を受け、白石監督は「原作を好きになって、あまり変えたくないなと思ったのですが、映像では2時間ぐらいに収めなければいけないので、組み合わせをやむなく変えました。例えば原作では十和子と水島は、2回目に会ってからキスをするのですが、映画では一回にしなければいけなかった。そんな事あるかと思いますが、松坂桃李という天才が上手くこなしてくれました」と撮影秘話を披露していた。


映画『彼女がその名を知らない鳥たち』
10月28日(土)新宿バルト9他全国ロードショー

蒼井優 阿部サダヲ
松坂桃李 / 村川絵梨 赤堀雅秋 赤澤ムック・中嶋しゅう / 竹野内豊
監督:白石和彌
原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫)
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
製作:映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
【R15】
配給:クロックワークス
2017年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/123分

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST