渋川清彦&戸次重幸『神と人との間』が2018年1月27日に公開!予告編&ポスターも解禁

神と人との間

気鋭の監督たち3人が文豪・谷崎潤一郎の短編に挑む〈TANIZAKI TRIBUTE〉の中から、渋川清彦戸次重幸がW主演を務める『神と人との間』(内田英治監督)の予告編とポスターが完成。また、公開日が2018年1月27日に決定した。

『神と人との間』は、谷崎潤一郎が実生活で、親友である佐藤春夫に、自分の妻・千代を譲る「細君譲渡事件」の大スキャンダルをモデルにしたといわれる作品。その原作を、内田英治監督は現代劇として昇華し、町医者の穂積(渋川)と、親友で漫画家の添田(戸次)、そしてふたりに思いを寄せられる朝子(内田慈)が織りなす歪んだ三角関係を描く。

解禁された予告編では、お互いの気持ちを知った上で、穂積が親友の添田に朝子を譲るところからスタート。添田と朝子は結婚するものの、添田は愛人を作り、朝子を虐待し、そのうえ穂積と朝子が「一回、二回なら間違いを起こしてもいいよ」と不倫をするようにけしかける。かつての親友に馬鹿にされ、挑発されながらも、穂積は「あなたが待てと言うなら何年でも待ちます。それが一生だろうと変わりはない」と一心に朝子を思い続ける。

しかし、ある事件をきっかけにその純愛は憎悪へと変貌していくようで、それを予感させるシーンが所々にインサートされており、三人の関係がどうなっていくのか、結末への期待が大いに高まる予告編に仕上がった。なお、『富美子の足』と『悪魔』の劇場公開日は現在調整中で、2018年には順次公開していくとのこと。


映画『神と人との間』
2018年1月27日(土)より、テアトル新宿ほか、全国順次公開!

町医者の穂積と、親友で漫画家の添田はともに熱帯魚屋で働く朝子に惚れている。ある日穂積は添田に朝子を譲り、ふたりは結婚する。その瞬間、添田は愛人を作り朝子を虐待し、そのうえ穂積と朝子が不倫をするようにけしかけたりとサディスト化するのだった。かつての親友に馬鹿にされ挑発されながらも一心に朝子を想い続ける穂積。しかしある事件をきっかけにその純愛は憎悪へと変貌する...。

監督:内田英治
出演:渋川清彦 戶次重幸 内田 慈 山田キヌヲ 萬歳光恵 根矢涼香 ほか

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

渋川清彦

生年月日1974年7月2日(44歳)
星座かに座
出生地群馬県渋川市

渋川清彦の関連作品一覧

戸次重幸

生年月日1973年11月7日(44歳)
星座さそり座
出生地北海道

戸次重幸の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST