高橋一生、共演者からの愛を受け入れると、自身は監督へラブコール!

(C)2017 KingRecords

25歳の俊英・二宮健監督が、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015で審査員特別賞を受賞した自身の作品をセルフリメイクした映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』の初日舞台挨拶が10月21日、東京・新宿武蔵野館で行われ、主演を務める桜井ユキをはじめ高橋一生、佐々木一平阿部純子、満島真之介、二宮監督、劇中バニーガールを務めたジャスミン、円谷優希が登壇した。

>写真をもっと見る

本作は、女優を夢見て上京したもののパッとせず、サーカス団の助手を務めることとなた29歳の女性が、ルーティンワークとなった催眠術に掛かる演技をしているうちに、いつしか現実と妄想の境界が破綻している姿を描く。

※満島真之介です

※満島真之介です

この日は劇中、「ときめきチャーリー」としてハイテンションな演技をみせた満島が、作品さながらの衣装で登場すると、軽快なトークで客席を盛り上げる。高橋に対して「あなたをデートに誘えるのはいつ?」と誘惑のまなざしで迫ると、高橋は「秋は3年先まで予定が詰まっているけれど、今日でも行くよ」と返答。

満島からの熱烈なアプローチを爽やかに受け入れた高橋だったが、次は女性からも熱いラブコールを贈られる。マリア役の阿部は「わたしは高橋一生さんになって女性をメロメロにさせたい。『an・an』の特集にも出たいです」と妄想を膨らませると、そんな視線にも柔らかい笑顔をみせていた。

高橋一生

高橋一生

高橋は、25歳の二宮監督に対して「また一緒に映画を作りたい」とラブコールを贈ると、主人公を演じた桜井も「脚本が素晴らしく、撮影中は常に(桜井が演じた)オリアアキになっていた気がします」と役柄に没頭できる現場だったことを明かした。

さらに高橋は「共演者やスタッフ、監督とともに作った作品が、こういう距離が近い劇場サイズの映画館で上映されることがうれしい」と感無量な表情を浮かべると「いままでこういう気持ちになったことはなかったかもしれません」と高橋にとって特別な作品であることを強調していた。

二宮監督は「変わることとか、日常を打破していくことに対して、運だったりラッキーを待っていると、歳月ばかり流れていってしまう。だけどそんななか、全員に与えられた平等な力って妄想することだったり想像することだと思うんです。その力で自分を乗り越えていくことは誰にでもできる。そんなことを感じてもらえる映画になっていたらうれしいです」と熱い思いを語っていた。


映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリーピング ビューティ』
公開中

出演:桜井ユキ / 古畑新之、佐々木一平、新川將人 / 成田凌、山谷初男、満島真之介 / 高橋一生 
原案・脚本・監督:二宮健
製作:キングレコード
製作プロダクション:ステューディオスリー
配給:アーク・フィルムズ 
カラー/シネスコ/5.1ch/89分

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

高橋一生

生年月日1980年12月9日(37歳)
星座いて座
出生地東京都

高橋一生の関連作品一覧

満島真之介

生年月日1989年5月30日(29歳)
星座ふたご座
出生地沖縄県

満島真之介の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST