『ブレードランナー 2049』監督&キャスト来日!ハリソン・フォードは「真の意味で国際的」と魅力をアピール

 

アナ・デ・アルマス、ハリソン・フォード、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、シルヴィア・フークス

映画『ブレードランナー 2049』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、ハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークスが、23日に都内で行われた記者会見に出席。ハリソンは作品の魅力について「あらゆる文化を超えるエモーショナルな質問に答えようとするものだから、真の意味で国際的な映画なんだ」と語った。

>写真をもっと見る

前作『ブレードランナー』で描かれた出来事から30年後の2049年を舞台にする本作は、ブレードランナー“K”(ライアン・ゴズリング)が、姿を消していたリック・デッカード(ハリソン)との出会いを通じて、人造人間=レプリカントを独占的に製造するウォレス社の恐るべき陰謀に立ち向かう姿を描く。「台風をやっつけてくれてありがとう」と挨拶して会場を沸かせたハリソンは、本作や『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で同じ役を年月を経て演じたことについて「30年後のハン・ソロ、35年後のデッカードを見ること、そして時の流れを認識し、異なる人生のステージにいるキャラクターを追い、過去が招いた結果に直面する様を見るのは、役者としてとても興味深いんだ」とコメント。

本作に対する世界的な反響については、「この映画はカリフォルニアやラスベガスを舞台としているけれど、劇中ではキャラクターの物語や、人間であることの意味、運命をコントロールすることの意味などが描かれている。この作品は、そういったあらゆる文化を超えるエモーショナルな質問に答えようとするものだから、真の意味で国際的な映画なんだ。この作品の成功、世界中での高評の一因は、そこにあると思うね」と語った。

オリジナル版のリドリー・スコット監督からバトンを受け取ったヴィルヌーヴ監督は、本作の世界観について「実際の社会よりも、はるかに気候や生活が厳しいものとなった過酷な世界が舞台なので、建築物や乗り物、テクノロジーなどにも影響を及ぼしている」と解説しつつ、「最も興味深いのは、この映画が未来について語っているのではなく、今について語っていることだ」と現在に通じる物語であることをアピール。

オリジナル版から受けた影響については「私と同世代の監督たちは、『ブレードランナー』から大きな影響を受けていると思う。ある意味で(映画監督は)『ブレードランナー』以前と以後で、大きく異なるね」と明かし、1作目を見ていない若い世代に向けては「この作品は単独でも楽しめるようデザインしたけれど、オリジナル版も見てほしい。オリジナル版は非常に美しく、パワフルな映画で、SF映画の金字塔でもある。この作品だけを見ても良いけれど、ぜひ両方見ることをおすすめするよ」とメッセージを送った。

一方、キュートなヒロインのジョイを演じたアナは、「2度目の来日ができてうれしいわ。たしか…19歳にスペイン映画に関する映画祭で来て以来ね」と笑顔を見せ、「この素晴らしい映画の一部になる上では、監督の期待に応える演技ができればと思っていたわ。彼やライアン、ハリソン、ロビン・ライト、そして全てのキャストとともに仕事をすることはエキサイティングだった」と述懐。ハリソンとはラスベガスのアパートのシーンで最初に会ったそうで、「ジョイの衣装は、ミニスカートとセーターというセクシーなもので、ライアンはとても気に入ってくれたんだけど、ハリソンはそんな私を『大丈夫?寒くない?』『これ、貸してあげようか?』『ブーツは快適?』と心配してくれたわ」と感謝。これを受けたハリソンは、「覚えてないなあ…」ととぼけてアナを笑わせた。

また、ジャレッド・レトふんする二アンダー・ウォレスの腹心・ラヴを演じたシルヴィアは「今回が初めての来日で、とても興奮しているわ。本当に『ブレードランナー』の世界に入ったように感じるの」とニッコリ。ハリソンとの撮影はとても緊張したそうで「最初のシーンはすごく小さな空間で撮ったの。ドゥ二がいたけど、撮影監督は入れないくらいの小さな場所で、すごくナーバスになっていたわ。彼を見ると子供みたいに『ハン・ソロだ!』『インディ・ジョーンズだ!』と思ってしまうから、『彼を見ちゃダメ』『大丈夫…。うまくいく』と思って、下を向いてなるべく見ないようにしていたの。でも、ちらっと見たら、彼がジョークを言い出したのよ。『ある時、バーに犬がいてね…』ってね(笑)。それを聞いたら、笑いが止まらなくなっちゃった」と懐かしそうに話していた。

(取材・文・写真:岸豊)


映画『ブレードランナー 2049』
2017年10月27日(金)全国ロードショー

製作総指揮:リドリー・スコット
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レトー、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ハリソン・フォード

生年月日1942年7月13日(76歳)
星座かに座
出生地米・イリノイ

ハリソン・フォードの関連作品一覧

ルトガー・ハウアー

生年月日1944年1月23日(74歳)
星座みずがめ座
出生地オランダ・ユトレヒト・ブルーケレン

ルトガー・ハウアーの関連作品一覧

ショーン・ヤング

生年月日1959年11月20日(58歳)
星座さそり座
出生地アメリカ

ショーン・ヤングの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST