来日中のハリソン・フォード、『ブレードランナー』続編への思いを語る「熱狂したよ」

 

シルヴィア・フークス、ハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督

ハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、24日に都内で行われた映画『ブレードランナー 2049』のジャパンプレミアに出席した。

>写真をもっと見る

前作『ブレードランナー』で描かれた出来事から30年後の2049年を舞台にする本作は、レプリカント(=人造人間)を取り締まるブレードランナーの“K”(ライアン・ゴズリング)が、姿を消していた元ブレードランナーのリック・デッカード(ハリソン)との出会いを通じて、レプリカントを独占的に製造するウォレス社の恐るべき陰謀に立ち向かう姿を描く。アナは“K”の恋人で良き相談相手のジョイを、シルヴィアはウォレス社を経営するニアンダー・ウォレス(ジャレッド・レトー)の腹心の部下で“K”に立ちはだかる最強のレプリカント:ラヴを演じている。

ハリソンは「今日は来てくれてありがとう。『ブレードランナー 2049』とともに日本に来れて、とても光栄に思うよ。映画を楽しんでほしいし、この作品に携わることができて誇りに思っている。オリジナル版の観客は好意的に受け取ってくれたから、この作品も楽しんでほしいね」と笑顔でコメント。

オファーを受けた時の心境を問われると、前作を手掛けたリドリー・スコット監督から電話があったことを明かし、「驚いたよ。彼はめったに電話しない男なんだ(笑)。彼は『ブレードランナー』のキャラクターやデッカードを再び訪れることに興味があるかと聞いてきた。私が『うーん。分からないなあ。脚本はあるの?ストーリーは?』と聞いたら、脚本はまだないけど、オリジナルの脚本家であるハンプトン・ファンチャーが書いた短編小説があるといわれて、それを読んだらとても感銘を受けたんだ。彼らの新たな物語の作り方にね」と述懐。

また「完成した脚本を読んだ時には熱中したよ。私が演じるリック・デッカードが置かれているシチュエーションが興味深く、ライアンが演じたキャラクターとの関係性はとてもエモーショナルで満足のいくものだった。熱狂したよ。ドゥニが監督のオファーを受けて、多くの才能あふれるスタッフを集めてくれた。そしてこの映画を作った。この映画を作るチャンスを与えられて、とてもエキサイティングな気分になったんだ」とも振り返った。

そして、デッカードというキャラクターの魅力については、「デッカードはストーリー全体の一部で、彼には物語るという役割がある。とても複雑で、興味深く、ユニークな世界だから、俳優としての私の目標は、キャラクターやその振る舞いを通じて、物語ることを手助けするということだった。私にとって、オリジナル版でデッカードを演じることは、とてもエキサイティングな機会だったんだ」と話していた。

(取材・文・写真:岸豊)


映画『ブレードランナー 2049』
2017年10月27日(金)全国ロードショー

製作総指揮:リドリー・スコット
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レトー、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ハリソン・フォード

生年月日1942年7月13日(76歳)
星座かに座
出生地米・イリノイ

ハリソン・フォードの関連作品一覧

ルトガー・ハウアー

生年月日1944年1月23日(74歳)
星座みずがめ座
出生地オランダ・ユトレヒト・ブルーケレン

ルトガー・ハウアーの関連作品一覧

ショーン・ヤング

生年月日1959年11月20日(58歳)
星座さそり座
出生地アメリカ

ショーン・ヤングの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST