【190ヵ国以上で公開決定】実写『鋼の錬金術師』のキャラクター予告が解禁に

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

日本映画史上最大規模!

12月1日全国公開となる山田涼介主演、荒川弘原作、シリーズ全世界累計7,000万部超の大ベストセラー実写版『鋼の錬金術師』。そんな本作がなんと、全米、ヨーロッパを含めた190ヵ国以上の国々での公開が決定した。これはアニメも含めた日本映画史上最大規模での異例の規模。曽利文彦監督は「日本映画の新たな可能性を見い出していただければ」と意気込みを語った。

曽利文彦監督コメント

ロス、パリでのWエキスポを経て、今回の東京国際映画祭のオープニング上映、11月のニューヨークのAnime NYCではクロージング上映に選んでいただけるなど、世界中で話題となっている中、今回、世界190ヵ国上で公開が決まり、その規模の大きさに正直驚いています。日本が誇る「鋼の錬金術師」の日本での映画化が、世界の皆さんにどう受け入れられるのか、今から本当に楽しみです。そして、この“ハガレン”に日本映画の新たな可能性を見い出していただければ光栄です。

映画『鋼の錬金術師』で鍵を握る3つの勢力に注目! それぞれの予告動画も

兄弟の絆を信じる者:エド、アル、ウィンリィ

運命に挑む錬金術師の兄弟エドとアル。幼き日に二人は、愛する亡き母にもう一度会いたい一心で、禁忌の「人体錬成」に挑み失敗。兄エドは手脚を失い、弟アルは身体を失った。アルの身体を取り戻す唯一のカギとなるのは、「賢者の石」。二人を支える幼なじみのウィンリィと共に、壮絶な旅を続ける兄弟。彼らに待ち受ける驚愕の真実とは…

兄弟の絆を壊す者:ホムンクルス(人造人間)たち

謎に包まれた闇の住人ホムンクルス(人造人間)、「色欲」のラスト、「嫉妬」のエンヴィー、「暴食」のグラトニーの3人。エ伝説の「賢者の石」の秘密を握り、恐るべき陰謀のために暗躍する彼らが、ドとアルの兄弟の前に立ちはだかる。

兄弟の絆を守る者:最強の軍部メンバー

“焰(ほのお)の錬金術師”と呼ばれ、強い信念を持って突き進むマスタング大佐率いる最強の軍人たち。大いなる理想を抱き、軍部で活躍する彼らは、次第に強大な陰謀へと巻き込まれていく。すべての真相を知った時、彼らが選ぶ選択とは?


映画『鋼の錬金術師』
2017年12月1日(金)全国ロードショー

山田涼介 本田翼 ディーン・フジオカ
蓮佛美沙子 本郷奏多/國村隼
石丸謙二郎 原田夏希 内山信二 夏菜
大泉洋(特別出演) 佐藤隆太/小日向文世/松雪泰子

原作:「鋼の錬金術師」荒川弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
監督:曽利文彦
脚本:曽利文彦 宮本武史
音楽:北里玲二
主題歌:MISIA「君のそばにいるよ」(アリオラジャパン)
製作:映画「鋼の錬金術師」製作委員会
制作プロダクション:OXYBOT
配給:ワーナー・ブラザース映画

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST