【インタビュー】『銀魂』の不満が爆発!? 新井浩文&吉沢亮が“同志”である理由【斉木楠雄のΨ難】

新井浩文と吉沢亮

新井浩文と吉沢亮

週刊少年ジャンプで連載中のギャグ漫画を福田雄一監督が実写映画化する『斉木楠雄のΨ難』。見た目も性格も個性的なキャラクター勢がこぞって登場し、爆笑必至の物語を盛り上げる。そこで『銀魂』に引き続き、福田組に参加した新井浩文吉沢亮に単独インタビューを敢行! ギャグ漫画の世界に飛び込み見事なハマりぶりを見せてくれた2人が、本作に込めた思いを語った。

(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

本作の主人公は、生まれながらにして強大な超能力を持つ斉木楠雄(山崎賢人)。「普通に生きたい」と願うも、ワケありなクラスメイトたちのおかげで、いつも災難に巻き込まれてしまう。クールな斉木と、クラスメイトたちのハチャメチャぶりとのギャップが最高に面白い本作だが、新井と吉沢の演じた役柄も超個性的。金髪モヒカン&“おっさん顔”で、斉木の相棒を自称する燃堂力(新井)。重度の中二病で、「闇の組織と戦っている」と言い張る海藤瞬(吉沢)。役柄を受け取ったときに、戸惑いはなかったのだろうか。

新井は「即受けした」と告白する。「『銀魂』に入る前くらいに、福田監督から『新井くん、燃堂役をやってくれない?』と言われて。ウチはいつも少年ジャンプを読んでいるので、『斉木楠雄のΨ難』はもちろん知っていました。『燃堂ならできるかな』『もう一生できない高校生役だな』と思い、即受けしました」。

(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

吉沢も、原作の大ファンだったそう。「僕も連載当初から読んでいました。なかでも海藤が一番、好きなキャラクターだったんです。『まさか実写化はしないだろう』と思っていましたが、『もし実写化することがあれば、海藤をやりたい』と思っていたほどです。オファーをいただいたときは、めちゃくちゃうれしかったし、運命的なものまで感じてしまいました」と大感激。2人とも、喜びとともに撮影に臨んでいた。

彼らを喜ばせたのは、原作ファンであったことに加えてもう一つ大きな理由がある。それは『銀魂』で溜まった“笑いへの渇望”を十分に満たせる機会を得たからだ。新井は「本作には色々なボケ担当のキャラクターが存在しますが、燃堂はボケ中のボケ」と役柄を分析。「『銀魂』でウチが演じた岡田似蔵は、“笑いゼロの役”でした。福田組にいて笑いをとれないなんて、そんな辛いことはない」とこぼすが、「今回は自分でも噴き出してました」と燃堂役でそれを解消できた様子。

(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

吉沢もまったく同じ気持ちで、「僕も『銀魂』では、周囲の人がボケたり、突っ込んだりしているなか、“スン”としている役どころで。ふざけたりは全然できなかったんです。『もっとやりたいな』と思っていた」と『銀魂』での沖田総悟役を述懐。「そのストレスを『斉木楠雄のΨ難』で爆発させました」と楽しそうに話す。

笑いを追求できる役どころを得て、生き生きと躍動した彼ら。新井は、地毛で燃堂の金髪モヒカンヘアを再現するほどの入れ込みよう。「燃堂は自分から攻める役ではないけれど、“そこにいるだけで面白い”という役。燃堂がジャンプを読んでいる姿が、山崎くんの後ろの方でピントがボヤけた形で映っていたり。そういうところがまた面白くて」と役柄への愛情もたっぷりだ。

(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

吉沢は「役者をやってきて、海藤は僕にとってこれまでで一番のハマり役。自分の中に中二病がいるなと思ったし、自分の中にあるものしか使っていない」とニヤリ。海藤ならではの謎の行動やセリフも「すごく楽しかったんです。自分で考えて作ったものもありますし、その瞬間に降りてきたものもあります。だんだん、自分でも何を言っているのかわからなくなってきました」と明かし、新井とともに大爆笑。「こんな役はなかなかないですから。もともとクサイ芝居って好きなんですが、海藤はそれを全開に出せる役でした。本当に楽しかったです」。

『銀魂』でフツフツとした思いを共有した新井と吉沢だが、吉沢は「照橋さんが去っていくときに、燃堂がずっと“おっふ、おっふ”と言っているシーンがあって。もう、現場で笑いをこらえるのに必死だった」のだとか。「『銀魂』からのギャップがすごくて、インパクトがデカすぎました」と新井の役者としての幅の広さに驚く。

(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

新井は「吉沢くんは、ひとりで飲みに行ったりするんですよ」と吉沢の意外な素顔を暴露。「さみしいヤツだなと思って(笑)。ひとり酒をする人って、ちょっとミステリアスですよね。もしかしてヤバいヤツんじゃないか?と思っていたんですが、話すと全然そんなことなくて。吉沢くんの海藤もめちゃくちゃ面白かった。ドッジボールの投げ方とかさ、噴き出しそうになったもん」と、こちらも吉沢のコミカル演技に感服していた。

新井は、現在38歳。吉沢は23歳。それぞれ世代を代表する役者となったが、今、どのような心境で役者業に挑んでいるのか。以前と比べ、幅広いジャンルにチャレンジしている新井は「震災が起きてから、仕事の間口を変えたんです」と打ち明ける。「それまでもメジャーな作品のオファーはいただいていましたが、あまり受けていなくて。仕事も選び倒していました。でも震災が起きたときに、“娯楽っていらなくなるんだ”と感じて。映画は1本延期、1本はなくなって…。デビューして初めて、2か月間ずっと仕事がない状態になったんです。“これは仕事を選んでいる場合じゃないな”と思ったし、いつまた同じようなことが起きて、なくなってしまうこともあるかもしれない。そう思ったら、“やれるうちに、やれるだけのことをどんどんやっていこう”と思ったんです。今はドラマだって、バラエティの番宣だってやる。昔は絶対にやりませんでしたね。それだって面白いと言ってくれる人がいるんだとわかったし、ウチも大人になりました(笑)」。

(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

吉沢は「そういった意味で言うと、僕はまだ仕事を選んでいる場合ではないと思っています。もっともっと色々なことをやりたい、やらせてほしいと思っています」と意欲を漲らせる。「今、漫画原作の実写化をやらせていただく機会がとても多いんですが、もちろん、オリジナルもやっていきたい。いろいろな表情を見せられるような役者になりたいと思っています。作品を重ねるごとに芝居をすること、役者業というものがとても楽しくなっています」。

すると新井は「この仕事は、“好き”“楽しい”という気持ちがなければ無理だと思います」とうなずく。「好きじゃないと、メンタルをやられてしまうと思う。街を歩いても、役者として売れれば売れるほど、指を差されることも増えますしね。SNSで叩かれることだってあります。ウチは、メンタルが超強いので、そういうのは全然大丈夫なんです。パチンコ行こうが、キャバクラ行こうが、彼女とジャンプ展に行こうが、悪いことさえしてなければいいと思っています(笑)」。

(取材・文・撮影:成田おり枝)


映画『斉木楠雄のΨ難』
公開中

出演:山﨑賢人 橋本環奈 新井浩文 吉沢亮 笠原秀幸/賀来賢人 ムロツヨシ 佐藤二朗 内田有紀 田辺誠一
原作:「斉木楠雄のΨ難」麻生周一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
脚本・監督:福田雄一
音楽:瀬川英史
主題歌:ゆず「恋、弾けました。」(セーニャ・アンド・カンパニー)
制作プロダクション:プラスディー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント=アスミック・エース

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

麻生周一

生年月日1985年12月26日(32歳)
星座やぎ座
出生地埼玉県入間市

麻生周一の関連作品一覧

桜井弘明

生年月日1958年12月15日(59歳)
星座いて座
出生地静岡県沼津市

桜井弘明の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST