【第30回東京国際映画祭】元・乃木坂46の深川麻衣「過去に甘えずに地に足をつけて仕事に向き合っていきたい」―『パンとバスと2度目のハツコイ』

今泉力哉監督、深川麻衣、山下健二郎

今泉力哉監督、深川麻衣、山下健二郎

10月29日、東京国際映画祭にて元・乃木坂46の深川麻衣が映画初出演・初主演を務める『パンとバスと2度目のハツコイ』(特別招待作品)のワールドプレミア上映が開催され、深川と共演の山下健二郎(三代目 J Soul Brothers)、監督の今泉力哉が登壇した。本作は、独自の結婚感を持った“恋愛こじらせ女子”の主人公・ふみと、偶然再開した初恋相手・たもつが織りなす、コミカルでちょっと切ない、新しい恋愛群像劇。

>写真をもっと見る

今泉監督は「僕は不器用だったりとか真面目すぎて考えすぎてしまう人たちを描いてきた。今回はそれに結婚というものが入りながら“ずっと同じ人を好きでい続けること”をちょっとしたテーマにしている」とコメント。初出演・初主演を果たした深川は「撮影に入る前まではかなり緊張もしていたし、不安もありました。でも、監督の作る世界の中でふみが不器用ながらも相手と向き合っている姿が伝わればいいなと思ってやっていました」と振り返り、MCから「こんな感じなので監督は怖くなかった?」と突っ込まれると笑顔をこぼしながら「監督の持つ人柄が暖かいので、話しながら一緒に作らせていただいたと思います」と答えた。

近年では『High&Low』などでの印象が強い山下も本作の現場は「ほっこりした現場でした」と言い、「作品がすごいキュンキュン来るというか…今回初めてチャレンジするような役柄だったので、どう引き出すかというのを考えながらやっていきました。監督の撮り方が長回しも多くて、独特の雰囲気が流れる瞬間があったり、セリフと台詞の間を大事にしたりとか。役者としても自分のレベルを上げていただいたような感じ」と振り返った。

監督は深川と山下の魅力について「役者一筋やってきた人の魅力もあるけど、他のことをやってきた人の引き出しや魅力もすごくある。自分は頭の中にあることをやってくださいっていうよりは、一緒に考えながら作っていきたいタイプ。2人はそういう話をしても相談に乗ってくれたし、不安に思わないでいてくれました。その時の芝居をその場で決めたりすることに柔軟に対応してくれていた」と明かす。

トークの様子

トークの様子

さらに「オリジナルでやるからには作り物みたいなことでなく、本当に自分たちに近いような恋愛の話を作りたいと思っていた。それを演じてもらうときに、(深川の)美しかったり(山下の)カッコよかったりするところを削ぎ落とすと、逆に美しく見えたりするので、それは意識的にやっていた」とこだわりを語り、「山下さんはあるシーンで、テストの時に何度やってもかっこよくなってしまうんですね。『まだカッコいいですね』みたいなのは何度かありました」と暴露。これに「それはないです、大丈夫です(笑)」と笑う山下に今泉監督は「でも(完成した映画は)やっぱりカッコいいねっていう感想になると思います」と続けた。

また、記者から「乃木坂46を卒業して女優として活動する覚悟をお聞かせていただきたい」との質問に深川は「卒業して約1年位経ちましたけど、環境や心境で変わったことも大きいけど、変わらないこともすごくある。乃木坂46で活動した5年間の経験や出会ったものが自分の土台になっている。今までの経験があって今の自分があるのはもちろんだけど、今は自分で選んで本当にやりたかったことが出来ているので、過去に甘えずに地に足をつけて仕事に向き合っていきたい」と気を引き締めていた。

それを聞いていた今泉監督は「深川さんは、お会いして思ったんですが、非がないというか弱さを出さなかったり真面目過ぎたりとか、逆に天然っぽかったりとか。そういうところが魅力ですよね。ただ…本当の腹の底を知らない…みたいなところもあるので(笑)。もっとさらけ出した部分を知ったらまたより面白いかもと」と女優としての可能性に期待を込めていた。

>写真をもっと見る


映画『パンとバスと2度目のハツコイ』
2018年2月17日より全国公開

キャスト:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂
監督・脚本:今泉力哉
主題歌:「Puzzle」Leola(Sony Music Associated Records)
配給:「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST