「どんな人間にも可愛いところがある」―『彼女がその名を知らない鳥たち』蒼井優&白石和彌監督インタビュー

白石和彌監督と蒼井優

白石和彌監督と蒼井優

凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌監督が主演に蒼井優を迎えて作り上げた『彼女がその名を知らない鳥たち』は、苛烈な寓意に満ちたラブストーリーである。

白石:この映画は原作の力が大きくて。どう脚色しても、(原作者、沼田)まほかるさんの手のひらで転がされて、僕たち映画作っていたような感じなんですけど。まず、原作読んだときから、これ、映画化するなら絶対蒼井優さんしかいないというのは感じていて。蒼井さんと阿部(サダヲ)さんに関しては脚本にする段階の前からイメージしていましたね。

主人公、十和子には同棲相手、陣治(阿部サダヲ)がいるが、かつての理想的な恋人、黒崎(竹野内豊)が忘れられない。そして、いまは水島(松坂桃李)という夢を見させてくれる男の言いなりになっている。陣治は献身的だが、十和子は彼を男とは認めず、小間使いのように扱っている。

どうにも困った女の行動原理を、複雑な構成の中、シンプルに差し出す蒼井優のまっさらな芝居。それを見つめる、白石監督の人間の根源をまさぐるような演出。その融合が、真新しい情緒を運び込む。

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

白石:いろんな方から聞いていた「芝居のモンスターっぷり」はさすがだなと(笑)。作品のそこかしこに……

蒼井:そんなのないですよ(笑)。

白石:でも、どうするのかな、と思っていたラストシーンの表情なんて、ほんと絶妙でしたよ。

蒼井:『凶悪』は観てましたが、(監督が)こんな笑う人だとは思わなかった(笑)。みんなで飲みに行っても、くだらない話、してるじゃないですか。明日の糧にならないような(笑)。くだらない話を嫌うタイプの方かと思っていたら、率先してする人なんですよね(笑)

白石:よく言われますね(笑)。いつも楽しんで仕事したいんです。監督やってるんで、自分の中で多少苦しみもあるんですけど、そこはなるべく出さないで、キャストだけじゃなくてスタッフみんなの「いいところ」をできるだけ引き出すように。「いい雰囲気」で(映画を)作りたい。

蒼井:コミュニケーションとることをめんどくさがらない。(アイデアを)思いついたら言う。白石監督や山田洋次監督はそのタイプですよね。

白石:まあ、思いつきで撮ったところはだいたい(編集で)カットされるんですけど(笑)。でも、何か言い合いながら作っていくのが好きなんです。あと、段取りでイメージが浮かんで、それが見たくなったら、見ないとおさまらなくなってしまう。

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

飄々と怪物的な芝居を繰り出す女優と、好奇心旺盛で快活な監督。両者のコラボは、物語が関西弁で繰り広げられることで、より普遍性を獲得した感がある。

白石:マストでしたね。一時、関西弁じゃない、ということも考えたし、じゃ、千葉で撮影しましょうか、というアイデアもあったりしたんですけど。でも、原作読み直して、この話、標準語でやったら、全然味気なくなるなって。

蒼井:それは感じますね。スパイスになるから。標準語だと、ちょっと難しくなる。

白石:可愛げがなくなる。

蒼井:(海外の)翻訳された戯曲を読んでも、これ、日本の方言だったら面白いのに、と思ったりする。チェーホフとか読んでも、田舎の話は全部田舎言葉でやったら、素朴さとかがもっと良くわかるのになって。その土地、土地の味わい深さが作品を面白くするんじゃないかなって。このお話に関西弁はぴったりなんですよね。

白石:役割としてはすごく大きかったですね。


(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

「共感度0%」。映画の惹句には、そんなフレーズが躍る。

蒼井:あまり共感という感覚を戯曲や脚本に持ったことがなくて。記憶にないんです。いままで、どの作品に対しても。今回は、いかにお客さんに嫌われるか。自分も(十和子に対して)イライラしたんですよ。もう! っていうか(笑)。もし彼女が自分の友達だったら、ほんと、怒る(笑)。でも、それがあるからこそ、最後に効いてくる。そこまで、自分がいかに耐えるか。

そう、この映画は、徐々にその姿を変えていく。最後まで観終えたとき、わたしたちはまったく想像もしていなかった感動と巡り合うことになる。

白石:最初はちょっと退いて、ああ、この人たち、近寄れないなって感じで観始めるんだろうなって。ただ、僕は共感できることが多かったんですよね。イヤな女、汚い男たちがいっぱい出てきても、(観客は)そんなにイヤだ、とはならないと思ってたんです。どのキャラクターにもちょっとずつ可愛いところがあるから。最初は退くんだけど、でも、こういうところ可愛いよな、とちょっとずつ歩み寄っていける距離感でイケるんじゃないかなと。

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

可愛げ。それは、この映画の重要なモチーフだ。さて、十和子の可愛げは、どこにあるのだろう。

蒼井:可愛げ……なんだかんだ、陣治を切れないところ。ただ、(彼女は)作品の中だから可愛いんだと思うけど(笑)

白石:なんだかんだ言いながら、一緒にメシ食ってますからね。しかも「美味しい」とか言っちゃったりする(笑)

蒼井:なんだかんだで、陣治の前がいちばん無防備だし。すごくひどい格好で外食行ったり。ほとんど部屋着のままで。

つまり、陣治はいちばん楽でいられる相手なのだ。

蒼井:それを認めちゃえば楽なんですけどね。なのに十和子は自分のことを、すごいレベルの女だと思ってますから。陣治はあくまでも「仮住まい」。つまり、イタいひとではあるんですよね。ただ、十和子の部屋に、一瞬しか映ってないし、ちゃんとは見えないかもしれないけど、何を部屋の中に置いてるか、どういう本を読んでいるか。買ってきた本をそのままにしておくんじゃなくて、お手製のカバーをつけて、手書きのタイトルを添えているんです。読んでる本も夢見がちで……

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

そんな細部にふれたとしても、ふれなかったとしても。

わたしたちは、やがて彼女のことが愛おしくなるだろう。わけもわからないまま愛おしくなるだろう。

また名前のない鳥のような、真新しい情緒が生まれる。

それが演技の力、映画の力である。

取材・文:相田冬二 蒼井優 メイク:石川智恵(津田事務所)/スタイリスト:森上摂子(白山事務所)


映画『彼女がその名を知らない鳥たち』
公開中

蒼井優 阿部サダヲ
松坂桃李 / 村川絵梨 赤堀雅秋 赤澤ムック・中嶋しゅう / 竹野内豊
監督:白石和彌
原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫)
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
製作:映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
【R15】
配給:クロックワークス
2017年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/123分

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST