エイミー・アダムスのインタビュー動画が到着!トム・フォード監督作『ノクターナル・アニマルズ』

(C)Universal Pictures

(C)Universal Pictures

トム・フォード監督の最新作『ノクターナル・アニマルズ』から、主演を務めたエイミー・アダムスのインタビュー動画が到着。エイミーは映画の始まり方から、初タッグを組んだフォード監督の印象、そして実生活における夫との会話まで、お茶目な一面を垣間見せながら明かしている。

エイミーは、今年公開の『メッセージ』が大ヒットを記録し、これまでにも『アメリカン・ハッスル』『ビッグ・アイズ』などの話題作に相次いで出演してきた実力派女優。愛嬌のある大きな青い瞳と整った顔立ちが印象的で、”プリンセス・エイミー”の愛称で親しまれており、実写版ディズニーのミュージカル映画『魔法にかけられて』ではプリンセスを演じた。そんな彼女だが、主演最新作『ノクターナル・アニマルズ』では、一転して寝不足気味に濃いメイクで、笑顔を見せない高潔な女性を演じている。

インタビューでは、役柄からは想像もつかない優しい笑顔で質問に答え、お茶目な性格を垣間見せている。フォード監督との初仕事については「最高だった」と述懐。フォード監督の細部にまでこだわる完璧主義な性格が、本作を素晴らしい作品に仕上げていると話す一方で、もし自分の自宅にフォード監督を招待するとなったら?という質問には「絶対に呼べない。私の周りにあるものは全然美しくないし、家に来たらショックを受けるわ」と自嘲気味に答える。

共演したジェイク・ギレンホールとのケンカのシーンは、実生活における夫と話し合ったそうで「変かもしれないけど、ジェイクと私はとてもいいケンカをしたの。夫がこう言ってた。“あれは恐ろしい。あのケンカ知ってるよ”“スクリーンで起きていることは恐ろしい”」とコメント。その他にも、劇中で着用した衣裳で好きなものについて聞かれると「セリーヌの白いシャツが好きだけど、私はすぐコーヒーをこぼすから(実際に普段着るのは)無理ね」など、屈託なく話す姿が何ともキュートだ。


映画『ノクターナル・アニマルズ』
11月3日(金・祝)、TOHO シネマズ シャンテ ほか全国ロードショー

脚本・監督:トム・フォード
出演:エイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホール、マイケル・シャノン、アーロン・テイラー=ジョンソン、アイラ・フィッシャー、アーミー・ハマー、ローラ・リニー、アンドレア・ライズブロー、マイケル・シーン
原作:『ノクターナル・アニマルズ』(オースティン・ライト著/ハヤカワ文庫)
2016/アメリカ/116 分/PG-12 /ユニバーサル作品
配給:ビターズ・エンド/パルコ

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST