イ・ビョンホン主演のクライム・アクション映画『MASTER/マスター』冒頭映像&グリーティング映像が解禁!

(C)2016 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA. ALL RIGHTS RESERVED

(C)2016 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA. ALL RIGHTS RESERVED

韓国史上最大規模の金融投資詐欺事件をモチーフに展開するクライム・アクション映画『MASTER/マスター』(11月10日より、TOHOシネマズ新宿他にて全国公開)から、冒頭映像とグリーティング映像が解禁となった。

主演は、『マグニフィセント・セブン』ほか、ハリウッド映画でも活躍する国際派俳優イ・ビョンホン。共演には、『華麗なるリベンジ』のカン・ドンウォン、『二十歳(ハタチ)』などで知られるキム・ウビンが名を連ねた本作。メガホンを取ったのは『監視者たち』のチョ・ウィソク監督だ。

到着したグリーティング映像では、ビョンホン、ドンウォン、ウビンが勢揃い。三つ巴のスリリングなアクション・エンターテインメントである本作の魅力をアピールするとともに、日本のファンに向けてメッセージを送っている。グリーティング映像に続く冒頭映像では、大規模な金融投資詐欺を仕掛けた張本人のチン会長(ビョンホン)を捕まえるべく、部下を鼓舞するキム刑事(ドンウォン)の姿が。そして作戦実行のために、キム刑事はチン会長が経営する「ワン・ネットワーク」の創立記念講演会へ潜入する。

決意ある鋭い眼差しでチン会長を見つめるキム刑事。一方、甘い言葉で心掴む演説を繰り広げるチン会長は、涙ながらに今後のビジョンを語り、会員との結束をさらに強いものとする。大きな拍手と歓声が送られる中、会員の心を掴む朗らかな表情から一変、冷酷な表情になるチン会長。その表情は、まさに大きな陰謀を企てる詐欺師の顔だ。講演会が終わり、キム刑事たちが「ワン・ネットワーク」の幹部である天才的ハッカーで電算室長をつとめるパク・ジャングン(ウビン)を駐車場で捕らえて連行するシーンで映像は終わるが、果たして三つ巴の駆け引きはどんな展開を見せるのだろうか?気になる結末は、ぜひ劇場で見届けてほしい。


映画『MASTER/マスター』
11月10日(金)TOHO シネマズ 新宿ほか、全国ロードショー!

監督・脚本:チョ・ウィソク
キャスト:イ・ビョンホン、カン・ドンウォン、キム・ウビンほか
2016 年/韓国/143 分/カラー//スコープサイズ/5,1ch デジタル/字幕翻訳:根本理恵
英題:『MASTER』
配給:ツイン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST