板尾創路が菅田将暉の“上から目線”を大絶賛!『火花』完成披露試写会舞台挨拶

菅田将暉と桐谷健太

菅田将暉と桐谷健太

菅田将暉×桐谷健太のW主演で贈る、又吉直樹の芥川賞受賞作品の実写映画化『火花』が11月23日(木・祝)にいよいよ公開! 11月8日(水)、東京・有楽町 東京国際フォーラムにて本作の完成披露試写会が開催された。イベントには、W主演の菅田、桐谷をはじめ木村文乃川谷修士(2丁拳銃)、三浦誠己、そして板尾創路監督が登壇した。

>写真をもっと見る

20歳離れた相方に対して、同じ目線に立つための礼儀

10年という歳月で、売れない芸人徳永と神谷を演じた、菅田と桐谷。

桐谷は「イン前に相方(三浦)と代々木公園やカラオケで練習したり、人前でやらないと芸人として血が通わないという事で、ヨシモト∞ホールで若手芸人、スタッフさんの前でもやりましたね。神谷はいろんな人間のエッセンスが入っている役を一つの体で表現することに迷っていた時、相方が『桐谷健太のに面白いやり方でやれば神谷になる』と言ってくれたことが本当に感謝でしたね」とネタ合わせのなかで芸人・神谷の役作りに励んだことを述懐。一方の三浦は「本当に練習しすぎで(笑)若手の構成作家の方にもダメ出しにしてもらうっていって、漫才けちょんけちょんに言われるっていう…(笑)どんだけマジメやねん」と真摯な姿勢をツッコミながらも絶賛した。

同じく芸人を演じることについて菅田は「難しいなんてものじゃなかったですね…」と口火をきりながらも、「板尾さんがOKだったらええんやという安心感と、(川谷)修士さんがツッコんでくれたら笑いが起きると信じてやっていきました。だからベースは修士さんとのネタ合わせのなかで役作りをしていきました」と川谷とのネタ合わせからキャラクターを作り上げていった過程を振り返った。

川谷修士(2丁拳銃)と菅田将暉

川谷修士(2丁拳銃)と菅田将暉

そんな菅田と川谷は実年齢は20歳以上離れているが、劇中では同世代という設定だ。イベントの合間も川谷との久しぶりの再会に、「久しぶりに会えてうれしいねん…」と菅田がイジルほど和気あいあいとした雰囲気。

そんなコンビ感について板尾監督は「(菅田が)生まれたときに2丁拳銃でデビューしているから(笑)。でも、菅田将暉がものすごい修士のことを同級生にみせようとして上から行くんですよ。現場で『ほんま修士さん、腹立つわ~』とかいうんですよね。でも、それは修士に対して同じ目線にならなくちゃいけないっていう俳優としての礼儀。本当に素晴らしい姿勢だなと思いました」と絶賛。菅田も「そうです!」と断言しながら、「初めに会った時に修士さんが敬語はマジで止めようって言ってくださって…。その後も6時間くらい飲んで、タクシーも先にのせて頭下げて送ってくださいました」と話すと、川谷は「あれ、吐いてたんや」と話し会場を沸かせた。そんな川谷について菅田は「そういうところも愛おしかったですね」と溺愛している様子だった。

木村文乃の女優魂には「政治家みたいでしょ?」

木村文乃

木村文乃

また本作で芸人の恋人役を演じた木村は、「初めに金髪にしてほしい、隙をつくってほしいと言われました」と本作で生まれて初めて髪をブリーチして金髪に染めたことを明かした。その演出について板尾は「俳優さんとして役に入る覚悟をしてもらいたかったですね。初めてだったらしかったので、逆にやってもらったらいいなと思いました。CMの契約もあるなか、クライアントに承諾もらってね…ほんと政治家みたいでしょ!?(笑)本当に意気込みに感謝してます」と女優魂に賛辞を送った。

>映画『火花』をもっと知る!

>関連記事:菅田将暉のファンが選ぶ映画のランキングを発表!


映画『火花』
2017年11月 全国東宝系にて公開!

原作:又吉直樹著「火花」(文藝春秋 刊)
監督:板尾創路(『板尾創路の脱獄王』、『月光ノ仮面』)
脚本:板尾創路、豊田利晃(『青い春』、『クローズEXPLODE』)
出演:菅田将暉、桐谷健太、木村文乃、川谷修士、三浦誠己ほか
配給:東宝

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

又吉直樹

生年月日1980年6月2日(38歳)
星座ふたご座
出生地大阪府寝屋川市

又吉直樹の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST