【金曜ロードSHOW!】「スター・ウォーズ」シリーズ3週連続放送!『帝国の逆襲』『ジェダイの帰還』『フォースの覚醒』

金曜ロードSHOW!『スター・ウォーズ』が3週連続放送!

金曜ロードSHOW!『スター・ウォーズ』が3週連続放送!

日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」では、12月1日より「スター・ウォーズ」シリーズから『帝国の逆襲』、『ジェダイの帰還』、そして『フォースの覚醒』が3週連続で一挙放送となる!

『最後のジェダイ』を観る前に金ローでおさらい…

大ヒットを記録した前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開からはや2年。待望のシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が12月15日(金)より全国ロードショーを迎える! すでに予告映像やポスタービジュアルのマーク・ハミル演じるルーク・スカイウォーカーの姿にファンは歓喜。さらに、意味深なポスタービジュアルからルークが“ダークサイドに堕ちるフラグ”なのではないかなど…との憶測が止まらない熱狂ぶりだ!そんな中、「金曜ロードSHOW!」では最新作までの流れを振り返る3作品が放送される。

▼12月1日放送

エピソードV 『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』

公開20周年を祝って製作された「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」のスペシャル・エディション。デス・スター壊滅の痛手から復活した帝国軍の前に、今や雪の惑星ホスで機会をうかがうしかない反乱軍。総攻撃を前にホスを脱出したレイアやハン・ソロたちは雲の惑星ベスピンへと旅立つが、ひとりルークはフォースの訓練を積むために伝説の<ジェダイ・マスター>ヨーダの住む惑星ダゴバへと向かった。ベスピンのクラウド・シティでソロの友人ランド・カルリシアン男爵の歓待を受けるレイアたち。だがそれはダース・ベイダーの仕組んだ罠だった。

⇒作品紹介・レビューを見る

▼12月8日放送

エピソードVI『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』

前作で冷凍にされたハン・ソロ救うところから物語は再び始まる。強力なフォースを身につけたルークは、師ヨーダからレイアの双子の兄である事を知らされる…。ルークとダース・ベイダーの因縁の対決、帝国軍の最後の反撃などが描かれるシリーズ第3弾。スピーダーバイクのカーチェイスはスリル満点!

⇒作品紹介・レビューを見る

▼12月15日放送

エピソードVII『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

'77年の初公開時に世界的なセンセーションを巻き起こし、SFというジャンルを一躍メジャーにした『スター・ウォーズ』シリーズ。第6作『エピソードIII』から約10年、シリーズで初めて女性を主人公にした3部作が幕を開ける。砂漠の惑星で生き別れた家族を待ち続ける孤独な女性レイ(リドリー)。彼女はストームトルーパーの脱走兵フィン(ボイエガ)と謎のドロイドBB-8との出会いを機に、帝国軍の残党であるファースト・オーダーとレジスタンスの戦いに巻き込まれていく。

⇒作品紹介・レビューを見る

せっかくの機会に!エピソード1~4と「ローグワン」も一挙に復習!

ファン垂涎の3週間となることは間違いないし! しかし、残念ながらシリーズ1作目エピソードIV『スター・ウォーズ/新たなる希望』や、アナキン・スカイウォーカーを主人公としたエピソードI~III(プリクエル・トリロジー)は放送されない…。ぜひ、最新作の公開までに今一度チェックしておこう!

エピソードI『スター・ウォーズ/ファントム・メナス』

エピソードI『スター・ウォーズ/ファントム・メナス』

好評レンタル&発売中

世界中が待ちこがれていた「スター・ウォーズ」サーガの序章。舞台は前3部作からさかのぼること約30年、ダース・ベイダーことアナキン・スカイウォーカーの少年時代を描く。通商連合の調査に向かったジェダイ騎士は、その背後に銀河征服を企む暗黒卿の存在を知る。ジェダイ騎士のクワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービは、砂の惑星タトゥイーンでひとりの少年アナキンと出会う。アナキンに秘められたフォースの力を感じ取ったクワイ=ガン・ジンは、彼をジェダイ騎士団に入れようとするのだが……。

⇒作品紹介・レビューを見る

エピソードII『スター・ウォーズ/クローンの攻撃』

エピソードII『スター・ウォーズ/クローンの攻撃』

好評レンタル&発売中

青年へと成長したアナキン・スカイウォーカーはオビ=ワン・ケノービの指導の下、フォースの力を習得し優秀なジェダイの騎士となるべく修行に励んでいた。その頃、銀河元老院では、ドゥークー伯爵の画策により、数百もの惑星が一斉に共和国からの脱退を宣言する。これにより、ジェダイだけでは銀河を統治できないと判断した元老院では、クローン軍隊の是非を問う重要な投票が行われようとしていた。この会議に出席するため惑星コルサントに向かっていたナブーの元女王アミダラは、途中で何者かに命を狙われる。オビ=ワンとアナキンはこの事件の調査のためナブーへと派遣されるのだったが……。

⇒作品紹介・レビューを見る

エピソードIII『スター・ウォーズ/シスの復讐』

エピソードIII『スター・ウォーズ/シスの復讐』

好評レンタル&発売中

クローン大戦の勃発から3年、戦争自体は終結に向かっていたものの、依然としてジェダイの騎士団と分離主義者たちとの戦闘は各地で繰り広げられていた。そんな中、パルパティーン最高議長がドゥークー伯爵によって誘拐される事件が発生。しかしオビ=ワンとアナキンの活躍によってパルパティーンは無事救出される。心の弱さを克服できないアナキンは、パルパティーンの真の狙いに気づかないまま、次第にオビ=ワンよりもパルパティーンに心を許すようになっていく。一方、そんなアナキンに不安を抱くパドメのお腹には彼の子の命が宿っていた。

⇒作品紹介・レビューを見る

エピソードIV『スター・ウォーズ/新たなる希望』

エピソードIV『スター・ウォーズ/新たなる希望』

好評レンタル&発売中

銀河全域に独裁体制を敷かんとする帝国。帝国軍の親衛隊長ダース・ベイダーに捉えられた共和国軍のレイア姫を救うため、青年ルークが救出に向かう。狭い通路を超スピードで通過し、敵の心臓部へ突入するクライマックスほか、最新SFXによる特殊効果が抜群で今でも新鮮!!世界中で本作が大ヒットした後ジョージ・ルーカスは9部構成の構想を提示し、本作はエピソードIV“A NEW HOPE(新たなる希望)”という事となる。

⇒作品紹介・レビューを見る

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ/ストーリー』

好評レンタル&発売中

『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の後、帝国軍が勢力を増す銀河を舞台に、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に連なるエピソードが描かれる。 帝国軍が開発する究極兵器デス・スターの設計者を父に持つアウトローのジン(ジョーンズ)。彼女は反乱軍の極秘チーム“ローグ・ワン”に加わり、父がひそかに残したデス・スターの弱点を見つけるために設計図を強奪するミッションに挑むことになる。『GODZILLA ゴジラ 2014』を手がけた英国の新鋭ギャレス・エドワーズ監督がメガホンを取った。仲間を引っ張るタフなヒロインに扮した『博士と彼女のセオリー』の演技派フェリシティ・ジョーンズの熱演や、武術の達人ドニー・イェンのキレのあるアクションも見どころだ!

⇒作品紹介・レビューを見る


映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
12月15日(金)全国公開

監督・脚本:ライアン・ジョンソン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

このタグがついた記事をもっと見る

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

出演者 ハリソン・フォード  キャリー・フィッシャー  アダム・ドライヴァー  デイジー・リドリー  ジョン・ボイエガ  オスカー・アイザック  ルピタ・ニョンゴ  アンディ・サーキス  ドーナル・グリーソン  グウェンドリン・クリスティー
監督 J・J・エイブラムス
製作総指揮 トミー・ハーパー  ジェイソン・マクガトリン
脚本 ローレンス・カスダン  J・J・エイブラムス  マイケル・アーント
音楽 ウィリアムズ(ジョン)
概要 映画史に燦然と輝くSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズが、監督に「スター・トレック」のJ・J・エイブラムスを迎え、新たなる3部作の幕開けとして贈る全世界待望のSF超大作。「スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還」からおよそ30年後を舞台に、家族を待ち続ける孤独な女性レイと、戦うことに葛藤するストームトルーパーの脱走兵フィンとの出会いが導く壮大な冒険の始まりを描く。出演はヒロインのレイ役に新人デイジー・リドリー、フィン役に「アタック・ザ・ブロック」のジョン・ボイエガ。そのほかアダム・ドライバー、オスカー・アイザックら新参加組に加え、ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャーはじめ旧シリーズの伝説的キャラクターを演じたキャストたちも豪華に再登場。

 作品詳細・レビューを見る 

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

出演者 フェリシティ・ジョーンズ  ディエゴ・ルナ  ベン・メンデルソーン  ドニー・イェン  マッツ・ミケルセン  アラン・テュディック  チアン・ウェン  リズ・アーメッド  フォレスト・ウィテカー  ジミー・スミッツ
監督 ギャレス・エドワーズ
製作総指揮 ジョン・ノール  ジェイソン・マクガトリン
脚本 クリス・ワイツ  トニー・ギルロイ
音楽 マイケル・ジアッキノ
概要 「スター・ウォーズ」シリーズのアナザー・ストーリーを描く新プロジェクトの第1弾となるSFアドベンチャー大作。「スター・ウォーズ エピソード4」でレイア姫がR2-D2に託した“デス・スター”の設計図を巡る知られざる物語を、新たなキャラクターたちの活躍を通して描き出す。主演はフェリシティ・ジョーンズ。監督は「GODZILLA ゴジラ」のギャレス・エドワーズ。銀河全体を脅かす帝国軍の究極兵器“デス・スター”がついに完成しようとしていた。一匹狼の女戦士ジン・アーソは、生き別れた科学者の父がその設計に関わっていた可能性があると知り、真相を突き止めるべく、反乱軍の極秘チーム“ローグ・ワン”の一員となり、デス・スターの設計図を盗み出すという過酷なミッションに身を投じていくのだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST