板尾創路監督、山形で観客と一緒に『火花』を鑑賞し手ごたえ

板尾創路監督

板尾創路監督

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の初純文学作品にして、<第153回芥川賞>受賞作「火花」を自身もお笑い芸人であり、映画監督でもある板尾創路の手によって映画化された、映画『火花』が11月23日(木・祝)より公開。映画公開を前に、11月10日(金)から開幕した第13回山形国際ムービーフェスティバルに『火花』が招待作品として参加、オープニングセレモニーと舞台挨拶に板尾創路監督が登場した。

板尾監督は「特別上映に駆け付けたファンと一緒に映画を鑑賞したい」と、急遽、客席で映画を鑑賞し、その後MCの呼び込みで客席から舞台上に登壇すると大きな歓声で迎えられた。舞台挨拶では「今回は客席でお客さんと一緒に観たので、それぞれのリアクションに注目して観ていました。隣に座っていたおばさんが笑ってくれていて嬉しかったです。今回、映画祭の実行委員も熱い素晴らしい方ばかりで、またすぐに山形に戻ってきたいです」とコメント。これに映画を観た山形のファンからも板尾監督に大きな賞賛の拍手が送られた。

板尾創路監督コメント全文

今回は客席でお客さんと一緒に観たので、それぞれのリアクションに注目して観ていました。隣に座っていたおばさんが笑ってくれていて嬉しかったです。山形にはドラマの撮影や、若いころの舞台公演でも何度か来たことがあります。昔、ドラマで山形のさくらんぼ農家の役をやったのですが山形の方言があまりにも難しくて…。でも、すごく親しみやすい、かわいらしい方言だなというイメージがあります。昨日も山形の名産である玉こんにゃくを食べて、本当においしかったです。映画祭の実行委員のかたも本当に日本映画を盛り上げようとしてくれている素晴らしい人たちばかりで、来年になったらすぐにでも山形を訪れたいです。

『火花は』自分でも観るたびに感動するタイミングが変わる映画だと思っています。今日はエンドロールで映画に出演してくれた、たくさんの芸人たちの名前が出てくるのを観て泣きそうになりました。なので1回といわず、2回、3回と楽しんでいただければ光栄です。


映画『火花』
2017年11月 全国東宝系にて公開!

若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で4歳上の先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、「俺の伝記を書いて欲しい」と頼む。その日から徳永は神谷との日々をノートに書き綴ることに。

その後徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会。毎日のように芸の議論を交わし、神谷の同棲相手である真樹(木村文乃)とも仲良くなり、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。

しかし、いつしか2人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める―。

原作:又吉直樹著「火花」(文藝春秋 刊)
監督:板尾創路(『板尾創路の脱獄王』、『月光ノ仮面』)
脚本:板尾創路、豊田利晃(『青い春』、『クローズEXPLODE』)
出演:菅田将暉、桐谷健太、木村文乃、川谷修士、三浦誠己ほか
配給:東宝

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

菅田将暉

生年月日1993年2月21日(25歳)
星座うお座
出生地大阪府大阪市

菅田将暉の関連作品一覧

桐谷健太

生年月日1980年2月4日(38歳)
星座みずがめ座
出生地大阪府

桐谷健太の関連作品一覧

又吉直樹

生年月日1980年6月2日(38歳)
星座ふたご座
出生地大阪府寝屋川市

又吉直樹の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST