松坂桃李VS沢尻エリカ―映画『不能犯』で火花飛び散るガチンコ対決が実現

(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会

(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会

2018年2月1日に全国公開を迎える映画『不能犯』から、松坂桃李が演じたダークヒーロー:宇相吹正と、沢尻エリカが演じた刑事:多田の、火花飛び散るガチンコ対決を収めた場面写真が解禁となった。

『ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-』などで知られる神崎裕也が作画を務め、原作を宮月新が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画を基にする本作。劇中では、目で人を死に導く主人公・宇相吹正と、宇相吹が唯一コントロールすることができない正義感に満ちた刑事・多田が繰り広げる戦いが描かれる。解禁された写真には、若干なめた表情ながら多田刑事に取調べ室で追い詰められている宇相吹、そして怯えた表情の多田刑事を見つめる宇相吹の姿が収められている。2枚の写真は対照的だが、一体、2人の間に何が起きたのだろうか?

松坂は沢尻の印象について、「お芝居に貪欲な方だなと思いました。監督の話す言葉をひと言も聞き漏らすまいとされている姿を見て、素敵だなと。多田はこの作品の希望であり、なくてはならない存在なので、沢尻さんの凛とした感じはとても合っていたように思います」とコメント。一方の沢尻も「松坂さんは、本当に漫画から出てきたんじゃないかと思うほどイメージ通りのミステリアスな宇相吹を演じられていました。役者として尊敬できる素晴らしい方でした」と称賛している。

C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 

C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 

役者として互いを認め合う松坂と沢尻は、劇中でどんな攻防を見せてくれるのか?来年の公開に向けて、今から期待が高まる。

【不能犯】<呪い>や<マインドコントロール>で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。


映画『不能犯』
2018年2月1日(木)、全国ロードショー

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍
原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
配給:ショウゲート

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST