ジバニャンも闇を評価!? 千葉雄大と初対面の上白石萌音「まだ千葉さんのシャドウサイドは見えていない」

上白石萌音、ジバニャン、千葉雄太

上白石萌音、ジバニャン、千葉雄太

映画は3年連続初登場1位を記録してきた「映画 妖怪ウォッチ」シリーズ最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』(12月16日公開)。19日、都内のスタジオにて公開アフレコが行われ、本作の主人公であるケータの娘・天野ナツメ役の上白石萌音と、もう一人の主人公・月浪トウマ役の千葉雄大が登場、その2人を応援するためライトサイドのジバニャン(声:黒田崇矢)も駆けつけ、場を盛り上げた。

>写真をもっと見る

ビジュアルも去ることながら、渋い声のジバニャンに大いに励まされる

本作は、「妖怪ウォッチ」から30年後の世界が舞台。共に13歳の役を演じる2人は「体力をいっぱい使ってアフレコしたけど、達成感があって楽しかったです」(上白石)、「声優の経験は浅くて難しい所だらけですが、達成感はありました。たまに28歳が出ちゃうので、『13歳でお願いします』っていうのが一番難しかったですね」(千葉)と作品に参加した感想を。また2人は「シャドウサイドを妖怪たちも持っているという設定がすごくリアルですし、より魅力が倍増していると思います」(上白石)、「妖怪たちがみんなかっこいいので、男の子はバトルシーンとか、たまらないと思います」(千葉)とそれぞれ本作の魅力をコメント。

初の公開アフレコに挑む2人

初の公開アフレコに挑む2人

今日のアフレコに「緊張してますね」と顔を見合わせていた2人だったが、さすがのジバニャンの心遣いが大きかったようで、千葉は「アットホームな雰囲気んで大丈夫なんです、って言われていたけど現場の皆さんの顔見たら本当にアットホームなのかなって疑ってしまって(笑)」と笑いを誘い、上白石は「ジバニャンに救われました。本当に(笑)」と頬を緩める。続けてアフレコの出来を聞かれると、2人にそれぞれ「100点満点だニャ!!」を声をかけ和ませるジバニャン。

千葉の役が「闇を抱えた少年」という設定だが、「バラエティとかであざといことをしているんですが、そこに闇が見えて面白いとジバニャンに言っていただいたので(笑)。それが僕のシャドウサイドかなと」と千葉が語るとおり、千葉雄大としての魅力の一部が自然とマッチしていたこともジバニャンはお気に入りだったよう。また、「今日初めてお会いした」という上白石が「今まで、本当の千葉さんはどこに有るんだろうってずっと思っていたので、どういう方かと思っていたら、すごく自然体な方で。まだシャドウサイドは見えていないので、これからちょっとずつ滲んでいくのかなと(笑)」と千葉の印象を話すと「ミステリアスで売っているんで(笑)」と笑顔で返し、笑いを誘っていた。


『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』
12月16日(土)全国公開

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

千葉雄大

生年月日1989年3月9日(29歳)
星座うお座
出生地宮城県多賀城市

千葉雄大の関連作品一覧

上白石萌音

生年月日1998年1月27日(20歳)
星座みずがめ座
出生地鹿児島県

上白石萌音の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST