【インタビュー】橋本マナミ「濡れ場のハードルはちっぽけでした」映画『光』でみせた女優の顔

橋本マナミ

橋本マナミ

原作・三浦しをんの異色作を『まほろ駅前多田便利軒』『セトウツミ』大森立嗣監督が実写映画化した『光』が11月25日(土)より全国公開。このたび本作に出演している橋本マナミにインタビューを敢行。グラビアやバラエティ番組でも活躍する橋本だが、本作でみせる“女優”としての顔とは…?

>【フォトギャラリー】写真をもっとみる

東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之(井浦新)を慕う年下の輔(瑛太)は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心に回っていた。ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を救うために男を殺す。その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。それから25年後、島をでてバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる…。

“南海子”の方が素に近い

生活感あふれる描写の中で、日常に潜む性や暴力を痛々しいまでに剥き出しにした衝撃作。橋本は、主人公・信之の妻・南海子を演じた。団地で暮らす子持ちの人妻として、スクリーンに映るその姿は空虚で憔悴しきっている。妖艶で色気が溢れたパブリックイメージとはかけ離れたものだったが「南海子の方が(私自身に)近いという感覚があります」と話す。

「試写会とかでイメージと違ったって言われると、『えっ、…私ってどういうイメージなんだろう』って、その反応の方が驚きでしたね(笑)。南海子は自分に自信がなくて旦那に頼ったり、子どもを優秀にさせようと躍起になる。そんな“自分に自信がない”一面は共感できる部分が大きかったです。普段の生活もそんなに派手ではないですし…、そういう意味では愛人キャラの方が演じている気がします(笑)」

橋本マナミ演じる南海子

(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会

これまでにも“子持ち”の役どころは数多く演じてきた橋本。しかし本作の役作りについては「ちょっと怖いなと思いました」と不安があった事を明かした。

「カット割りが少ないこの作品では、全部がバレてしまう。だから、本当に子どもがいる感覚をもたないと怖いと思っていました。なので(現場に)入る前に、友達の5歳の娘さんとあって遊ばせてもらったり、話を聞いて役のイメージを膨らませていきました。子役の(早坂)ひららちゃんともプライベートで遊園地に遊びに行って、距離感を近づけていきました」

真摯な役作りで創り上げた南海子と娘の椿、そして信之の3人の間には付かず離れずな距離感がある。その自然な距離感が充満する団地の日常風景には、ドアの汚れから愚痴のひとつにいたるまで生活感が沁みこんでいる。

濡れ場のハードルは…ちっぽけでした(笑)

しかし、信之と輔の再会をきっかけに、平凡な日常のメッキは剥げ落ち、汗まみれの野性と血なまぐさい暴力が噴出する。そんな人間の薄皮一枚奥に潜む“生”をさらけ出したキャストたちについて、橋本は「現場でも役そのものでした」と話す。

「新さんも瑛太さんも現場では役そのものでした。オフの時に話しても、新さんは本当に伸之でした。会話の中で本当の新さんがどこにいるかわからない感じでした。すごく不思議だったんですよ。本当はすごい優しい方でしたが、“つかめない人”という印象が強かったですね」

映画『光』

(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会

また、南海子と不倫関係を結ぶ輔を演じた瑛太とは過激な濡れ場にも挑戦した。お互いの体をむさぼり合うような描写に「過激な濡れ場でしたが…」と筆者が質問すると、「そんなに過激でしたか…?(笑)」とキョトンとした表情。

「ガバッて脱いですぐに撮影がはじまったので、恥ずかしさや緊張はなかったです。この作品に対してもとより全部出し切る覚悟だったので、濡れ場へのハードルはちっぽけなものでした(笑)」

頭で考えるよりも、身をゆだねること

映画『光』

(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会

グラビアアイドルとして一線で活躍してきたとはいえ、濡れ場に対しての躊躇いは皆無だったと語る橋本。その飄々とした表情には、女優としての並々ならぬ覚悟を感じさせる。そんな強い覚悟で挑んだ理由のひとつに、かねてよりワークショップにも参加した大森監督の現場があった。しかし監督の演出は、それまで想像していたものとは「真逆だった」と話す。

「ワークショップの時は越えられない難題をあたえられて、そこで試行錯誤を繰り返させる厳しい監督でしたが、現場では全く真逆でした。指示はあまり言われないですし、何回も撮らない。『外見を作るのではなく、そのままで居て、一つ一つの状況をちゃんと感じてほしい』といった感じでした」

外見ばかりに拘るのではなく、役者として“その場で生きる”ことへのアプローチが印象的だったと語る。中でも、瑛太との共演シーンには役者として転機となる出来事があった。

「感情を出すシーンは、このセリフの時にこう(気持を)もっていこうと全部計算していたのですが…。瑛太さんとの草むらのシーンでは、一気に感情を高ぶらせる上に、天候の関係で待ち時間も長くてその計算が出来なかったんです。その時に監督が『とにかく考えるんじゃなくて相手の感情にゆだねて、信頼すればいいんだから』って仰られて。それで自然と感情が高ぶってきました。お芝居としては当たり前のことですが、相手を見てちゃんとキャッチボールする。本作以降の作品でも、頭で考えるより身をゆだねることで、すごい楽になりました」

女優・橋本マナミとしてもターニングポイントとなった映画『光』。そんな本作について「すごいエネルギーがある映画だなと思っています。樹木や、美術作品、音楽、そして役者の演技合戦。ごまかすものが何もない映画なので、その熱量を感じて頂きたいですね」とアピールした。

橋本マナミ 映画『光』

橋本マナミ 映画『光』

>【フォトギャラリー】写真をもっとみる
>映画『光』についてもっと詳しく!

(取材・文・写真/nony)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST