ピエール瀧、美麗アニメ『KUBO』を絶賛!ホラー好きの川栄李奈はお化け役への意欲をのぞかせる

ピエール瀧と川栄李奈

ピエール瀧と川栄李奈

スタジオライカが手掛けたストップモーションアニメ映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の公開記念舞台挨拶が、21日に都内で実施され、日本語吹き替え版でクワガタ役を担当したピエール瀧と、闇の姉妹役を務めた川栄李奈が登壇した。

>写真をもっと見る

主人公の少年クボが繰り広げる大冒険を、美しいストップモーションアニメで描いた本作。クボを支えるクワガタ役のピエールは、作品の魅力を聞かれると「見ているもの全部に手が入っているんだっていう贅沢さですよね。最近はCGなので、間とか全部作っていけちゃうんですけど、その全部に人の手と意思が入っているという贅沢さは、享受しきれないものがありますよね」とコメント。一方の川栄は「日本の良さがすごく出ているなと思いました。盆踊りだったりとか、海外の方が作ったとは思えない、日本人が見ても素敵だなと思いましたね」と笑顔を見せた。

アフレコの経験不足を補うため、「ひたすら練習しました」と明かした川栄は「闇の姉妹は、(英語版で)ルーニー・マーラさんが演じられていて、それがすごく素敵でゾッとしたので、それに近いものを頑張ろうと思ったつもりだった」と述懐。NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』以来、川栄との共演を果たしたピエールは、「(闇の姉妹は)年齢設定もよくわからないから、いくつなんだろうっていうのもあるし、『え?川栄さん?』という感じもあったんですけど、仕上がったのを見ると、『おお、なるほど』と。バッチリはまってて怖い」と評し、「他の作品とかだと色々な役もやられてますし、ちょっとピリッとしたものもお上手じゃないですか。だからちょうどハマりなのかな」とも。

来年には初主演映画『恋のしずく』が公開される川栄は、女優としての今後の目標を聞かれると「色々な作品に色々な役で出ていたいですね」としたうえで、「ホラーがすごく好きなので、お化け役とかやりたいです!」とニッコリ。舞台挨拶では、スタジオライカから来日した本物のクボ人形も登場し、ピエールと川栄は精巧な作りに目を奪われていた。

(取材・文・写真:岸豊)


映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
全国公開中

監督:トラヴィス・ナイト
声の出演:アート・パーキンソン(クボ)、シャーリーズ・セロン(サル)、マシュー・マコノヒー(クワガタ)、ルーニー・マーラ(闇の姉妹)、レイフ・ファインズ(月の帝)
原題:Kubo and the two strings/2016/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル/字幕翻訳:石田泰子

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ピエール瀧

生年月日1967年4月8日(51歳)
星座おひつじ座
出生地静岡県

ピエール瀧の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST