【独占】『ファンタビ』のエズラ・ミラーが明かす超カワイイ幼少期『ジャスティス・リーグ』フラッシュは必然だった!?

フラッシュ『ジャスティス・リーグ』

フラッシュ『ジャスティス・リーグ』/(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

DCコミックの超人たちが大集結を果たした映画『ジャスティス・リーグ』がいよいよ11月23日(木)に日本公開。先日の来日でも話題沸騰! 世界最速の能力を持ちながら、戦闘経験0の新人ヒーロー、フラッシュを演じたエズラ・ミラー『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』など出演)が、フラッシュを演じることが運命だったかのような、幼少期の秘話が明らかとなった!

自作のマンガも描いていた!? 生粋のオタク秘話

「子供の頃、外を走り回っていると、体や足よりも気持ちだけ先に行っちゃって、その結果バタンと顔から転ぶことがよくありました。それは僕のいつもの行動パターンだったんです。コンクリート、道のくぼみ、他の子どもたち、あらゆるものに頭から突っ込んでいったわけです。かなり危険なクセですね(笑)そのせいでケガして何度も病院に行ったっけ。だから当時からフラッシュらしさが僕の中に備わっていた気がしますね。」とエズラは幼少期を振り返る。エズラの演じたフラシュは、ヒーローながらそそっかしく、どこか頼りない感じがするが、この話を聞くと子供の頃のエズラがそのままヒーローになったかのようだ。

エズラは自身が演じたキャラクターに関して「フラッシュはまだ自分の能力を活かすことに慣れていないために、経験不足や不器用さが出てしまうんです。それに少しだけ社会性を欠いていたりもするので、彼はリーグにとって弱点にもなるんです。でも一方でフラッシュはリーグのほかのメンバーの圧倒的な能力を一番に理解しているんです。」と語り、フラッシュの未完成な部分こそが魅力だと語っている。

実はエズラは子供の頃からアメコミファンだったそうで、「僕は本当に小さな頃からアメコミの大ファンなんですよ。しかもDCコミックスをたくさん読みました。DCのユニバースで描かれるヒーローやヴィランたちが昔から好きなんです。バットマンにはすっかり夢中になったし、ふわふわのスーパーマン・スーツを3~4ヵ月は家の中で着ていたんです」と語り、更に「子供の頃、僕は自分でコミックのストーリーを作り、イラストを描いていたんです。スーパーピッグという名のスーパーヒーローを創り出しました。それはカメレオンのような豚でシャツやフィギュア、コミックブックなどのグッズを手作りしたんです。コミックはクレヨン1本で書いたんですけどね(笑)コミック作りは僕にとって、自分の想像を広げるストリーテリングの方法だったんですよ」と話し、なんと自作のヒーローまで生み出していたことを明かした。コミックを読み漁り、自らも創造するという、まさにアメコミ漬けの日々。こうしてみると、フラッシュというDCでも一二を争う人気ヒーローをエズラが演じることになったのは必然なのかもしれない。


映画『ジャスティス・リーグ』
2017年11月23日(木・祝)全国公開

日本公開:2017年冬
全米公開:2017年11月17日
配給:ワーナー・ブラザース映画
監督:ザック・スナイダー
出演:ベン・アフレック(バットマン)、ガル・ガドット(ワンダーウーマン)、ジェイソン・モモア(アクアマン)、エズラ・ミラー(フラッシュ)、レイ・フィッシャー(サイボーグ)

フォトギャラリー

ジャスティス・リーグ

ジャスティス・リーグ

出演者 ベン・アフレック  ヘンリー・カヴィル  エイミー・アダムス  ガル・ガドット  エズラ・ミラー  ジェイソン・モモア  レイ・フィッシャー  ジェレミー・アイアンズ  ダイアン・レイン  コニー・ニールセン
監督 ザック・スナイダー
製作総指揮 クリストファー・ノーラン  エマ・トーマス  ジム・ロウ  ベン・アフレック  ウェスリー・カラー  カーティス・カネモト  ダニエル・S・カミンスキー  クリス・テリオ
脚本 クリス・テリオ  ジョス・ウェドン
音楽 ダニー エルフマン
概要 DCコミックスが誇る人気スーパーヒーロー総出演で贈るアクション・アドベンチャー超大作。スーパーマン亡き世界を舞台に、滅亡の危機を迎えた世界を救うべくバットマンによって結成されたスーパーヒーロー・チーム“ジャスティス・リーグ”の活躍を圧倒的スケールで描き出す。出演はベン・アフレック、ガル・ガドット、エズラ・ミラー、ジェイソン・モモア、レイ・フィッシャー。監督はザック・スナイダー。スーパーマンの犠牲によって世界は救われたが、彼のいなくなった地球にはさらなる魔の手が迫っていた。バットマンはそんな世界滅亡の危機をいち早く察知すると、先の戦いで出会ったワンダーウーマンとともに超人たちのスカウトに乗り出す。こうしてフラッシュ、アクアマン、サイボーグといういずれ劣らぬ個性派超人たちが集結するが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST