“デキル女”のオーラが半端ない!映画『不能犯』沢尻エリカの場面写真&コメントが解禁!!

(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会

(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会

2018年2月1日に全国公開を迎える映画『不能犯』から、“デキル女”オーラをビシビシと放つ、男前の女刑事・多田を演じた沢尻エリカの場面写真が解禁。劇中でアクションにも挑戦した沢尻は、「いざ自分でやってみると難しく、ひとつひとつの動きをカッコ良く演じなければならなかったので、色々と挑戦でした」と撮影を振り返っている。

『ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-』などで知られる神崎裕也が作画を務め、原作を宮月新が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画を基にする本作。劇中では、目で人を死に導く主人公・宇相吹正(松坂桃李)と、宇相吹が唯一コントロールすることができない正義感に満ちた刑事・多田(沢尻)が繰り広げる戦いが描かれる。

(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会

(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会

解禁となった場面写真は、犯人を追っているのか多田が全力で走る姿や、部署内で中心となっている様子を収めたもの。“デキル女”のオーラが感じ取れる多田の姿には、思わず「上司にしたい!」と思う人も多いのではないだろうか。脚本を読んだときの印象について「もともとアクションに興味があって、いつかやってみたかった」と明かす沢尻だが、アクションは予想以上に難しかったそうで「いざ自分でやってみると難しく、ひとつひとつの動きをカッコ良く演じなければならなかったので、色々と挑戦でした」と撮影を振り返っている。

(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会

(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会

原作では男性キャラクターだが、女性に支持されるかっこいい女性刑事を演じてもらいたいという、プロデューサーたっての希望で、沢尻にオファーが出された。そのキャスティングは功を奏したようで、白石監督は「沢尻エリカさんはとても感じがよく、なおかつとても可愛らしい方でした。実は朝イチでヒールで走るシーンがあったんですが、そこで足を痛めてしまったんです。それでもだましだまし、根性で最後までやり切ってくれて感謝しています」と称賛の言葉を贈っている。


映画『不能犯』
2018年2月1日(木)、全国ロードショー

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍
原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
配給:ショウゲート

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST