『鋼の錬金術師』のUSプレミアが開催!山田涼介&荒川弘のコメントも上映

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

映画『鋼の錬金術師』のUSプレミアが、現地時間11月19日に、米ニューヨークのジャヴィッツ・コンベンション・センターで開催されたポップカルチャーのコンベンション「Anime NYC powered by Crunchyroll」にて開催。1500人で超満員となった会場は、歓声と拍手で曽利文彦監督を称えた。

>写真をもっと見る

荒川弘による同名コミックを基にする本作は、禁断の錬金術によって肉体の一部を失ったエドワード(山田)&アルフォンス・エルリック兄弟が繰り広げる壮大な冒険を描くファンタジー・ロマン。上映前に行われた舞台挨拶に登壇した曽利監督は「7回目のニューヨーク。日本以外で観客の皆さんに映画を見てもらえる機会です。大好きなニューヨークであることをとても嬉しく感じています。もともと原作のファンでしたので、この原作の中の核にある兄弟愛や友情、大切な仲間との絆などを表現したいと思いました。原作は西洋が舞台ですが、作品に込められたメッセージはとても日本的ですので、荒川先生が伝えたかったメッセージが必ず詰まっていると思います。たくさんの方に集まって頂き本当にありがとうございます。ぜひ楽しんでください」とコメント。

主演の山田と荒川のコメントも上映され、山田は「何と言っても兄弟愛がみどころ。どんな事があっても弟のアルの身体を取り戻すのは自分しかいないと強く思う、ぶれないエドのカッコ良さを見てほしい」と物語の魅力をアピール。荒川は、ファンにはお馴染みの牛のイラストで出演し、「兄弟愛の部分と錬金術師の葛藤は原作にくらべて膨らまして描かれています。私は映画をみてそこにぐっときましたので是非注目してみて頂きたいです」と語った。

上映終了後には、曽利監督に直接感想を述べる機会が設けられ、現地のハガレンファンたちは「今まで見た実写映画の中で一番良かった!この映画が日本で作られて本当に良かった!」「涙が出る場面が多くとても感動した。映画を見た後には、ハガレンのアニメを見た時と同じような気持ちになって本当にうれしかった!」と絶賛。「こんな気持ちは初めて!曽利監督、本当にありがとうございます」という言葉も聞こえた。

イベントを終えた曽利監督は「西洋人の設定を日本人で演じているので、アメリカの人にどう受け取られるのか正直とてもプレッシャーだったんですが、皆さんがこの映画を心から楽しんでくれて本当にほっとしました。表層ではなく、ハガレンのストーリーのコアな部分を深く理解してくれているファンが多く、とても感動しました。荒川先生が書かれたストーリーが日本だけでなく世界中で共感をよんでいることを改めて実感しました。映画が終わった後の鳴り止まない拍手を生涯忘れることはないです」と本作への手ごたえをのぞかせた。


映画『鋼の錬金術師』
2017年12月1日(金)全国ロードショー

山田涼介 本田翼 ディーン・フジオカ
蓮佛美沙子 本郷奏多/國村隼
石丸謙二郎 原田夏希 内山信二 夏菜
大泉洋(特別出演) 佐藤隆太/小日向文世/松雪泰子

原作:「鋼の錬金術師」荒川弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
監督:曽利文彦
脚本:曽利文彦 宮本武史
音楽:北里玲二
主題歌:MISIA「君のそばにいるよ」(アリオラジャパン)
製作:映画「鋼の錬金術師」製作委員会
制作プロダクション:OXYBOT
配給:ワーナー・ブラザース映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST