中条あやみ「言っていいのかな?」 志尊淳の恥ずかしい秘密を暴露!

中条あやみ、志尊淳

中条あやみ、志尊淳

発行部数200万部を超える福山リョウコの人気恋愛コミックを実写映画化した『覆面系ノイズ』の初日舞台挨拶が11月25日、東京・新宿ピカデリーで行われ、中条あやみ志尊淳小関裕太真野恵里菜磯村勇斗杉野遥亮三木康一郎監督(『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』)が登壇。全員で鏡開きをし、映画の大ヒットを祈願した。

>写真をもっと見る

歌うことが大好きな仁乃(中条)は高校で、曲作りが得意な幼なじみのユズ(志尊)と再会し、彼が所属する大人気覆面バンド“in NO hurry to shout;”通称イノハリのボーカルを務めることに。一方、初恋相手のモモ(小関)がプロデュースするバンドが、打倒イノハリ路線で売り出してきた。

約1年前に撮影した主演作が、ついに公開を迎えた中条は「卒業式のお母さんの気分です。今日はたくさんの皆さんに見てもらえてうれしい」と喜びの表情。「登場する全員が誰かに、または何かに信念を持ち続けている。この映画が皆さんにとって、何かのきっかけになれば」(志尊)、「ストーリーを盛り上げる音楽の力を感じて」(小関)と男性陣も本作を清々しくアピールしていた。

「ずっと伝えられない想いを、歌や音楽にのせて届ける」という本作のテーマにちなみ、舞台挨拶では互いに言えずにいたことを告白。中条が「これ、言っていいのかな?」と前置きし、「志尊さん、おしりのニキビは治りましたか?」と問いかけると、志尊が「どんな暴露ですか!」と慌てる一幕もあった。

さらに中条は、「ジョギングのシーンで、監督に『お前、ちゃんと走れ!』ってすごく怒られた」と舞台裏を明かし、三木監督は「いやあ、『ちゃんと走ってね』って言ったつもり。何かペタペタ走っていたら…」と思わず釈明。「役柄がそうだったからか、杉野君は現場でも女性ぽかった。ボディタッチが多いし、距離感も近い」(磯村)、「僕に対して塩対応だった監督が、クランクアップしてから『遥亮がいてくれて楽しかった』って言ってきて。この人、ツンデレかって」(杉野)と思い思いの暴露合戦が繰り広げられた。

なお、同日、サッカー選手との“真剣交際”が報じられた真野は、降壇時に報道陣から「交際は順調ですか?」と質問されたが、一礼するにとどまり無言で会場をあとにした。


映画『覆面系ノイズ』
公開中

原作:福山リョウコ 『覆面系ノイズ』白泉社「花とゆめ」連載中
(花とゆめコミックス1巻~11巻まで刊行中)
監督:三木康一郎
出演:中条あやみ 志尊淳 小関裕太 真野恵里菜 磯村勇斗 杉野遥亮
配給:松竹

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST