【レビュー】映画『ジャスティス・リーグ』―DCが見せた本気がすげー!! 爽快・愉快なアクション超大作は必見!

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

バットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグというDCコミックスを代表するスーパーヒーローたちが一堂に会すことで話題の映画『ジャスティス・リーグ』が、11月23日にいよいよ全国公開を迎えた。圧倒的な映像表現を交えたバトル、そして笑えるジョークが融合した本作は、爽快かつ愉快。その仕上がりからは、マーベル・コミックを基にする作品でアメコミ映画を牽引してきたマーベル・スタジオとタメを張ろうという、DCエンターテインメントの“本気”が確と感じ取れた。

物語は、スーパーマンの死からしばらくの時が経った地球で幕を開ける。世界に新たな脅威が迫っていることを知ったバットマン(ベン・アフレック)は、ワンダーウーマン(ガル・ガドット)とともにヒーロー集団を結成することを決意。2人は超速の青年・フラッシュ(エズラ・ミラー)や、海の王アクアマン(ジェイソン・モモア)、そして全身機械のサイボーグ(レイ・フィッシャー)をリクルートし、ヒーロー集団「ジャスティス・リーグ」を結成。突如として地球に襲来した破滅の使者・ステッペンウルフを打ち倒そうと奮闘する。

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ザック・スナイダーが家族の不幸によって急遽監督を降板し、マーベル作品を手掛けてきたジョス・ウェドンがメガホンを引き継いだ際には、その作風の違いやマーベルとDCのライバル関係もあることから、「いろいろ、大丈夫か?」と思ったものだが、ウェドン監督の仕事ぶりは悪くない。脚本としてクレジットされている彼が、どの程度ストーリーに変更を加えたのか推し量ることはできないが、それぞれの大切なものを脅かされたヒーローたちが、ぶつかり合いながらも団結し、共通の強敵に立ち向かうという構造は、王道でストレートなヒーロー映画として受け入れやすい。

キャラクターの心理描写にも充分な時間が割かれており、バットマンの「老いに対する思い」、ワンダーウーマンの「亡き人や故郷に対する愛」、フラッシュの「父に対する無力感」、アクアマンの「母への恨み」、サイボーグの「アイデンティティに対する葛藤」など、個々のキャラクターが抱える心情には観客を引き込むパワーが感じられた。言うまでもなく、彼らは空想上のキャラクターではあるが、その内面に秘められた人間らしさには、観客に対して、彼らを理解・共感させるだけの力が、確かに認められる。

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

バトルシーンや映像表現も、観客の想像を超える上質なものだ。バットマンがガジェットを交えて繰り広げるヘヴィなアクションや、ワンダーウーマンのスタイリッシュでに美しい戦いぶり、そしてフラッシュの超速移動やアクアマンの水中アクション、サイボーグのメカニカルな戦闘を含め、映像表現のバリエーションは申し分ない。一つ一つのアクションが、日本映画では絶対に作ることができないであろうほどの手間暇をかけて作られたことが感じ取れるし、思わず目を奪われ「おお!」と興奮の声を上げたくなる瞬間も少なくない。

注文を付けるとするならば、悪役であるステッペンウルフに、観客に対してより力強い訴求性があるべきということ。というのも、ステッペンウルフは単純な「破壊の使者」として描かれており、そのバックグラウンドに観客に対する訴求性を見出すことが難しいのだ。かつてクリストファー・ノーランが手掛けた『ダークナイト』におけるジョーカーが、観客に真理を突いた問いかけを示したキャラクターであったように、ヒーローものの映画で物語の魅力を高めるには、悪役に一定の共感性を付与することが重要になる。これは、DCのライバルであるマーベルも各作品で実践していることなので、今後DCエクステンデッド・ユニバース(DCコミックスを基にするスーパーヒーロー映画の総称)はこの点を踏まえていくべきだろう。

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

これからの課題も見えた本作だが、終盤にかけて「ジャスティス・リーグ」に加わる“もう一人のヒーロー”の活躍を含めて、見どころは枚挙にいとまがない。終盤の連続性に満ちたアクションシーンには、「映画館で見て良かった」と思える興奮が必ずあることを保証しよう。ちなみに、予備知識が必要に思えるかもしれないが、実は初見の観客も楽しめるように設計されているため、これまでDCEUに目を向けてこなかった映画ファンも、安心して劇場に足を運んでほしい。というよりも寧ろ、本作をきっかけに、DCEUにはまっていってほしいものである。そういうわけで、映画『ジャスティス・リーグ』はこの冬におすすめの一本だ。

(文:岸豊)


映画『ジャスティス・リーグ』
2017年11月23日(木・祝)全国公開

日本公開:2017年冬
全米公開:2017年11月17日
配給:ワーナー・ブラザース映画
監督:ザック・スナイダー
出演:ベン・アフレック(バットマン)、ガル・ガドット(ワンダーウーマン)、ジェイソン・モモア(アクアマン)、エズラ・ミラー(フラッシュ)、レイ・フィッシャー(サイボーグ)

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST