新作映画『パーティで女の子に話しかけるには』を観るべき3つの理由――SF×パンクの“交配”が生んだ青春ラブストーリーの傑作!

(C) COLONY FILMS LIMITED 2016

(C) COLONY FILMS LIMITED 2016

『パーティで女の子に話しかけるには』ってどんな映画?

舞台は1977年、ロンドン郊外。パンクロックだけを救いに生きるサエない少年、エンは偶然もぐり込んだパーティで、ザンと出会って恋に落ちるが、2人が一緒にいられるのは48時間だった…。実は、ザンは遠い惑星からやって来た異星人で、とある“大人の事情”から間もなく地球を去らなければならないのだ。さまざまな刺激を受けながら、もはや互いへの思いを断ち切れないエンとザン。種族を超えた恋人たちのパンクな逃避行が始まる!

観るべき理由:1――異星人に恋する主人公の成長が清々しい

異星人との恋を通して、成長する主人公の姿が清々しい青春ラブストーリーの傑作だ。SF×パンクという異なるジャンルが“交配”した個性的な作風だが、それが偶然出会った異星人×地球人の交わりを描く内容にうまくリンクしている。どこか風変わりだけど、テーマは普遍的。思春期特有の苦悩や葛藤、それを打破するために必要なこと(本作であれば、異世界とのコミュニケーション)が見事に描かれている。

かつて反逆のシンボルであったパンクを題材に、「大人たちに搾取される若者」という今も昔も変わらぬ社会構造を寓話的に捉え、メッセージ性を高めている点も○。48時間というタイムリミットも、青春の儚さと尊さを表現しており、胸にグッと迫るものがある。

観るべき理由:2――エル・ファニングの可愛さが宇宙レベル!

遠い彼方からやって来たザンを演じるのは、今、ハリウッドで最も勢いがあるティーン女優のエル・ファニング。彼女自身が持ち合わせるピュアで自由奔放、そしてどこかミステリアスな魅力は、人間の文化や感情と触れながら、自分をアップデートしていくという異星人役にピッタリ! その可愛さは宇宙レベルだ。

ディズニー映画『マレフィセント』のオーロラ姫役でスターの仲間入りを果たした彼女が、同世代の女優と決定的に違うのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』J・J・エイブラムス『ゴッドファーザー』シリーズのフランシス・フォード・コッポラ、その娘で今や映画賞の常連となったソフィア・コッポラら名だたる映画監督とタッグを組み、地位と評価を高めている点。出演作が次々とアカデミー賞に絡むことから、今では幸運のミューズとして、多くの映画人に愛されている。主演を務めた衝撃作『ネオン・デーモン』では、野心に目覚めるファッションモデルを演じ、体当たりの妖艶な演技を披露したばかり。“出演作にハズレなし”の称号はもちろん、本作でも健在なのだ。

観るべき理由:3――SF文学界の巨匠と個性派監督のコラボレーション

監督は性転換手術に失敗したロック歌手が歩む波乱の人生を描いた『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』で、原作・監督・脚本・主演を務めたジョン・キャメロン・ミッチェル。今年10月、9年ぶりの来日を果たしたミッチェル監督は、映画の着想についてこう語った。

ジョン・キャメロン・ミッチェル監督

ジョン・キャメロン・ミッチェル監督

「原作はたった1シーンの短編なんだ。そこからイメージを膨らませ、より豊かな世界を広げていった。いまの若者はSNSで手いっぱいだろ? だから、若さ本来がもつパワーや、純粋で健康的なパンク精神を思い出してほしくてね。何よりも初恋を描いた物語だから、あらゆる世代の心に響けばいいなと思うし、そうなると信じているよ」

そんな本作の原作は、ニール・ゲイマンによる短編集「壊れやすいもの」に収録されたもの。ゲイマンは「アメリカン・ゴッズ」「サンドマン」、映画化もされた「スターダスト」「コララインとボタンの魔女」で知られるSF文学界の巨匠だ。『パーティで女の子に話しかけるには』を見る前に、彼の顔(できれば若い頃)を調べておくと、映画のラストシーンがさらに感動的になるはず! その理由は…。

(文:内田涼)


映画『パーティで女の子に話しかけるには』
12月1日より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

監督・脚本:ジョン・キャメロン・ミッチェル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
原作:ニール・ゲイマン「パーティで女の子に話しかけるには」
衣装:サンディ・パウエル『キャロル』『ベルベット・ゴールドマイン』
出演:エル・ファニング 『20センチュリー・ウーマン』、アレックス・シャープ、ニコール・キッドマン『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
配給:ギャガ

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ニール・ゲイマン

生年月日1960年10月10日(57歳)
星座てんびん座
出生地英・ハンプシャー・ポートチェスター

ニール・ゲイマンの関連作品一覧

マイケル・ピット

生年月日1981年4月10日(37歳)
星座おひつじ座
出生地米・ニュージャージー

マイケル・ピットの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST