クセがすごいアイツが帰ってくる―!! 2018年6月『デッドプール2(仮題)』公開決定!

しれっと新キャラも詰め込まれているこの絵の正体は…/(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

しれっと新キャラも詰め込まれているこの絵の正体は…/(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

解禁された映像は一見意味不明??

マーベル史上最も過激(※やりすぎ)なヒーローとして、絶大な人気を誇る「デッドプール」。長らく実写化が期待されていたこのヒーローを、2016年、ライアン・レイノルズ主演でついに実写版として公開に。その人気は凄まじく、全米では『アバター』『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』を超えて、20世紀FOX映画史上最高のオープニングを記録、さらに3週連続No.1という記録まで樹立した。

今回、待望の続編となる『デッドプール2(仮題)』(全米公開:2018年6月1日)の日本公開が2018年6月に決定、特別映像&画像も公開された。

到着した「デッドプールと油彩画法を学ぶ絵画教室」と銘打った日本初解禁となる映像は、“俺ちゃん”が絵画教室を開催したのかと思いきや、実は日本でも1990年代前半に放送され、人気を集めたたテレビ番組「ボブの絵画教室」のパロディのようだ。画家ボブ・ロスのトレードマークとも言える白シャツにGパン(もちろんシャツはイン)にアフロヘアーまで真似してしまった。しっかり“しごいた”筆で、“おしっこ色”から描き始めると瞬く間に芸術的な絵に。そして、「“白い粉”の中を転げまわりたい」などと俺ちゃん節全開で進行していく。

突如、激しいアクションシーンや、仲間たちが映し出されるが、たった数秒で終わってしまい、気がつけば先程とは違った絵が完成している(TOP画像)。この絵画は、アメリカ人画家ノーマン・ロックウェルの感謝祭の七面鳥をオーブンから出している家庭の風景を描いた絵のこれまたパロディーで、なんと子供たちに料理を振舞うお母さんに扮してご本人登場! サポートする父親は、相棒のケーブルで、その料理を楽しみに待つ子供達にウィーゼル、コロッサス、ブラインド・アル、ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド、ヴァネッサ、ドーピンダーそして、本作から登場するドミノというクセが強すぎる家族がお目見え。もちろん、壁にはマーベル・コミックスの“神”スタン・リーの姿も!

『ジョン・ウィック』の共同監督デヴィッド・リーチがメガホンを取った本作は、ライアン・レイノルズが引き続きデッドプールを演じプロデューサーも兼任。感謝祭の絵に描かれているようにジョシュ・ブローリン演じるケーブルや、ザジ・ビーツ演じるドミノなど新キャラクターも登場する。またまた常識を覆すデッドプールから目が離せなくなること必至だ。


映画『デッドプール2(仮題)』
2018年6月公開

デッドプール

デッドプール

出演者 ライアン・レイノルズ  モリーナ・バッカリン  エド・スクライン  T・J・ミラー  ジーナ・カラーノ  ブリアナ・ヒルデブランド  レスリー・アガムズ  カラン・ソーニ  ジェド・リース  スタン・リー
監督 ティム・ミラー
製作総指揮 スタン・リー  ジョン・J・ケリー  ジョナサン・コマック・マーティン  アディッティア・スード  レット・リース  ポール・ワーニック
脚本 レット・リース  ポール・ワーニック
音楽 トム・ホルケンボルフ
概要 ライアン・レイノルズが型破りなアンチ・ヒーロー“デッドプール”を演じる痛快アクション・エンタテインメント大作。無責任で傍若無人な男デッドプールが、己の復讐に突き進み、愛する女性との幸せを取り戻すべく大暴走を繰り広げるさまを過激なバイオレンス描写満載に描き出す。監督はVFXアーティストで、これが長編デビューのティム・ミラー。全身赤いコスチュームに身を包んだ男“デッドプール”。その正体は、特殊部隊の元傭兵ウェイド・ウィルソン。娼婦のヴァネッサと出会い、本当の愛を知ったのも束の間、末期ガンが発覚。そこである男に紹介された怪しげな治療に最後の望みを託すが、それは被験者を無敵の戦闘マシンに改造してしまう恐ろしい人体実験だった。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST