【11.29発売】ananでシャアの美しい筋肉があらわに!?「機動戦士ガンダム」「宝石の国」「文豪ストレイドッグス」ほか注目「アニメ特集」を紹介!

ananでシャアとララァのヌードビジュアルも…

ananでシャアとララァの親密な関係を表すビジュアルも

11月29日(水)発売、マガジンハウス発行の「anan」最新号は「人生を変えるアニメ」と題したアニメ特集。著名人に聞いた「人生を変えるアニメ」をはじめ、「ananアニメ&キャラ ランキング2017」などアニメ好きはもちろん、アニメ初心者も必見の注目企画が目白押しとなっている。そんな本誌の発売を記念して、T-SITEニュース編集部が選ぶイチオシ企画をご紹介!

【ガンダムにみる恋愛】シャアの膝に横たわるララァの視線…

まずお勧めしたいのが1979年放送の傑作ロボットアニメ・ファーストガンダムにフォーカスした「『機動戦士ガンダム』にみる愛の形」だ。子供向けとは思えないほど重厚で切ない人間ドラマや恋愛ドラマ。キャラクターデザイン・アニメーションディレクターを務めた安彦良和氏の解説で、キャラクターたちの繊細な感情を紐解いていく。さらには安彦氏が書き下ろしたオリジナルイラスト「視線」が解禁。シャアとララァの衝撃的なビジュアルは見逃せない…。

【チラ見せ!】
-女子に人気が高い、赤い彗星・シャアと、謎が多い女性・ララァとの恋愛関係も印象的です。

安彦:ファーストガンダムの時には思いもよらなかったけれど、描いていてシャアの人間性を理解しようとした時、超人的スーパースキルを持っているけど人間的には未熟、つまりマザコンではないかなと思いました…

>「anan」で続きを読む!
>「ファーストガンダム」を観る!

女子必見の美しすぎるアニメ「宝石の国」も徹底解析!

「宝石の国」

(C)2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

もちろん最新注目アニメの企画も盛り沢山。なかでも、美しすぎるビジュアルで話題沸騰中のアニメ「宝石の国」は見逃せない。アニメにも造詣が深い菓子研究家・福田里香が分析する「『宝石の国』を観るべき理由。」や、監督&声優キャストからの貴重なコメント、さらにはキャラクターたちの“関係性萌え”が一目瞭然の相関図まで登場! まだ本作を観ていない方も今すぐ追いつくことのできるコンテンツが充実している。

【チラ見せ!】
『宝石の国』を観るべき理由。/ストーリーの斬新な世界観

「宝石の国」

(C)2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

宝石が、月から自分たちを狩りにやってきた月人と戦う、という斬新なストーリー。「でもまったく見たこともないもの、という意味の斬新さではなくて、私たちがいつも見ているもの―“海と大地と月”を使って、見たことのない世界を作り上げているのがすごい…

>「anan」で続きをもっと読む!
>「宝石の国」を観る!

「文豪ストレイドッグス」上村祐翔、小野賢章の豪華インタビュー

芥川竜之介

芥川竜之介/(C)2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス制作委員会

また【今気になるアニメ】では、中島敦、太宰治、芥川竜之介などの文豪たちが著作にちなんだ特殊能力でキャラクター化されバトルを繰り広げる「文豪ストレイドッグス」の企画も掲載。人気声優・上村祐翔(中島敦役)と小野賢章(芥川竜之介役)の豪華インタビュー、さらに若林和弘音響監督が各キャラクターの声優キャストの配役や演出の裏話を語っている…。

【チラ見せ!】
音響監督が語る、サウンドの裏側。/中島敦役:上村祐翔さん

中島敦

中島敦//(C)2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス制作委員会

監督のリクエストは「この子誰?!」と言われるような、フレッシュな存在感を持つ声優。上村くんの持つ優等生的な声質が、敦のまっすぐな内面と重なった部分も大きいですね…

>「anan」で続きをもっと読む!
>「文豪ストレイドッグス」を観る!

TSUTAYAアニメ女子が選ぶ注目企画は…

「anan」11月29日(水)発売開始!

さら今回のアニメ特集を記念して、TSUTAYA MD(マーチャンダイザー)アニメ担当の“アニメ好き女子”にも本誌を読んでもらい、おすすめ企画を選んでもらった!

【TSUTAYAアニメ女子イチオシ!】「アニメ&キャラ ランキング2017」

「ベタですが、anan読者300人が選んだ『アニメ&キャラ ランキング2017』はイチオシですね! 最新の注目アニメ作品から懐かしの名作まで網羅されているので、アニメ好きな方もアニメ初心者の方も共感しながら楽しめるランキングになっていると思います。(お気に入りは)“癒し系キャラクター”ランキングや“好きな男”ランキングもそそられますが…“友達になりたい女”や“好きなダークヒーロー”のラインナップはツボですね(笑)」

果たして、どんな作品やキャラクターがランクインしているのか? ぜひ本誌でチェックして頂きたい。

>「anan」で続きをもっと読む!

>「ananweb」公式ページはコチラ

文豪ストレイドッグス

文豪ストレイドッグス

監督 五十嵐卓哉
脚本 榎戸洋司
原作者 朝霧カフカ  朝霧カフカ
音楽 岩崎琢
声の出演 宮野真守  細谷佳正  神谷浩史  豊永利行  花倉洸幸  嶋村侑  小山力也  小野賢章  上村祐翔  細谷佳正
概要 「ヤングエース」連載の朝霧カフカ(原作)と春河35(作画)による同名漫画を原作とするテレビアニメーション。中島敦、太宰治、芥川龍之介といった実在の著名な文豪たちがキャラクター化され、それぞれの代表作にちなんだ能力を駆使して戦いを繰り広げる姿を描いた異能力バトルアクションとなっている。アニメーション制作はボンズ。「SOUL EATER ソウルイーター」の五十嵐卓哉が監督を手がけ、シリーズ構成・脚本を「キャプテン・アース」の榎戸洋司、キャラクターデザインを「棺姫のチャイカ」の新井伸浩が務める。
孤児院を追い出され、身ひとつでヨコハマの街を放浪していた青年の中島敦は、生き延びるために次に通りかかった人間を襲おうと決心する。しかし、その矢先に川を不自然な格好で流されていく男と遭遇しやむなく手を差し伸べるが、彼は入水自殺を試みているところだった。こうして、自殺愛好家の太宰治と奇妙な出会いを果たした敦は、太宰とその同僚の国木田独歩の計らいで食事をご馳走になる。彼らが、軍や警察でも解決できない事件を専門とする異能力集団“武装探偵社”の社員であると知って敦は驚愕するが、街で噂の“人喰い虎”を追っている最中だと聞いた瞬間から急に脅え始め…。風変わりな文豪たちが繰り広げる壮大な異能力バトルの幕が開ける!

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

安彦良和

生年月日1947年12月9日(70歳)
星座いて座
出生地北海道紋別郡遠軽町

安彦良和の関連作品一覧

小野賢章

生年月日1989年10月5日(28歳)
星座てんびん座
出生地福岡県

小野賢章の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST