【映画館】『ファンタビ』続編、実写『ハガレン』の公開に合わせてエディ・レッドメインのメッセージ入り特別映像を上映

(C)2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.

(C)2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.

12月1日より、映画『鋼の錬金術師』の公開に合わせて、全国の劇場(※一部劇場除く)にて、映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』で主人公“ニュート・スキャマンダー”を演じるエディ・レッドメインからの特別映像が上映されることが決定。今回の映像は、エディが日本のファンだけに向けたスペシャルなものとなっている。

解禁された特別映像で、エディは劇中衣装を着用し、ニュートの姿で登場している。この映像は、12月1日より公開となる映画『鋼の錬金術師』(監督:曽利文彦/主演:山田涼介)の公開に合わせて、全国の劇場(※一部劇場除く)で上映されるというが、果たしてどんなことが語られているのか…?今回情報として明かされたのは「2018年の冬、一緒に冒険しましょう!」というコメントのみとなっているので、ぜひ劇場にメッセージの内容を確かめに行ってほしい。

先日11月23日(日本時間)に、邦題が『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』であることが明かされ、その情報と共にエディ演じる魔法動物学者ニュート・スキャマンダーを始めとする主要キャストのファーストルックが全世界一斉解禁となった本作。ファーストルックでは、ニュートと共に、闇払いのティナ(キャサリン・ウォーターストン)、ティナの妹クイニー(アリソン・スドル)、人間のジェイコブ(ダン・フォグラー)のほか、前作で未確認の結末を迎えた謎の人物クリーデンス(エズラ・ミラー)とマレディクタス(クラウディア・キム)、さらには新キャストのダンブルドア先生(ジュード・ロウ)、巨大な敵グリンデルバルド(ジョニー・デップ)、謎の女性リタ・レストレンジ(ゾーイ・クラビッツ)、ニュートの兄テセウス・スキャマンダー(カラム・ターナー)らの姿も確認できた。


映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
2018年冬に日本公開

監督:デイビッド・イェーツ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品
原作/脚本:J・K・ローリング
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ハリー・ポッター』全8作品、J・K・ローリング
出演:エディ・レッドメイン 他
配給:ワーナー・ブラザース映画

フォトギャラリー

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

出演者 エディ・レッドメイン  キャサリン・ウォーターストーン  ダン・フォグラー  アリソン・スドル  エズラ・ミラー  サマンサ・モートン  ジョン・ヴォイト  カルメン・イジョゴ  コリン・ファレル  ロン・パールマン
監督 デヴィッド・イェーツ
製作総指揮 ティム・ルイス  ニール・ブレア  リック・セナト
脚本 J・K・ローリング
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
概要 「ハリー・ポッター」シリーズのJ・K・ローリングが、同シリーズの魔法世界を舞台に贈る新シリーズ。J・K・ローリング自ら映画用に書き下ろしたオリジナル脚本を、「ハリー・ポッター」シリーズの後半4作品を手がけたデヴィッド・イェーツ監督が映画化。主演は「博士と彼女のセオリー」のエディ・レッドメイン。おっちょこちょいの魔法動物学者ニュート・スキャマンダー。魔法動物をこよなく愛する彼は、世界中を旅して魔法動物たちを集めていた。彼の不思議なトランクには、そんな魔法動物たちがいっぱい詰まっていた。ある日、ニューヨークへやって来たニュートだったが、ひょんなことからトランクが人間のものとすり替わってしまう。そして中にいた魔法動物たちが人間界に逃げ出し、ニューヨーク中が大パニックになってしまうが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST