【金ロー】『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』カットされた名シーンまとめ

12月8日放送の金曜ロードSHOW!では、『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』が放送。しかし、オリジナルが2時間越えところを「民放の2時間枠」で放送しなければならないためカットされたシーンも多い。覚悟していたこととはいえ…ファンにとっては消化不良なのも事実!

しかし、ポジティブにとらえれば、それはみんなが観たい“おすすめでマニアックなシーン”なのだ! SNS上で話題となったファンなら見たい名シーンをご紹介!

ランコア死亡のシーンでおじさん(マラキリ)が泣くシーン

映画冒頭、カーボン凍結のソロを救うためルークたちがジャバの宮殿に訪れるシーンでは、バンド演奏シーンやランコアに食べられるジャバの踊り子など、大幅なカットでハイテンポな展開となってしまった。その中でもSNS上でカットしてほしくなかったと話題になったのが…。

ルークが倒したランコアの飼育員が同僚の腕の中で泣きじゃくるシーン。悪役の死でもどこか哀愁が漂う名シーンだ。

SNSの反応

・ランコアが死んでしょんぼりするシーン、カットじゃないか愛らしいのに。
・飼育係のおっちゃんカットかよ!あそこがいいのに
・ランコアの死を悲しむ飼い主マラキリ氏がカットされてる!ふざけるな

ランドとソロの別れのシーン

また、ソロが盟友ランドに自身の愛機ミレニアムファルコン号を貸し出すシーンもカットされていた。ここでランドはソロに「かすり傷一つつけやしない」と約束し、「かすり傷なしだ!」とソロが念押しをする。しかし、ランドと別れた直後に、ソロは「二度と会えない気がする」と弱気な姿を見せる、実に人間臭さのあるシーンだ。

SNSの反応

・うぉ?!ソロとカルリジアンとのファルコンのやりとりもカットかよ
・傷なしでのやりとりもカットかい・・・
・カットされちゃいましたが…ハンがミレニアム・ファルコンを見て、「あいつと二度と会えない気がする」と言うセリフは、デス・スター攻撃時にファルコンもろともランド・カルリジアンが命を落とすという、当初考えられていた展開の名残です

C3‐POのものまねシーン

イウォークの集落に連れてこられたルークたち。そこで活躍するのが“神”とあがめられるC3-POだ。ルークたちの命を救った立役者となる。さらに、イウォークたちにこれまでの帝国軍と同盟軍の戦史を説明するシーンがあったのだが…。

残念ながら、こちらもカット。原始的な言語しかもたないイウォークたちに身振り手振り、声真似、音真似を駆使し臨場感たっぷりに説明を繰りかえすユーモラスなシーン。イウォークたちの反応も実にキュートなシーンだ。

SNSの反応

・突然の雑なモノマネカットかよwwwwwwくっそwwwwwwわろたwwwwww
・C3POのベイダーのモノマネは?
・おい、C3POの完コピモノマネカットすんなや

イウォークの悲しすぎるシーンも…

またかわいい担当で登場するイウォークの戦闘シーンでも…。同盟軍とともに帝国軍に原始的な武器で立ち向かっていくイウォーク達。しかし帝国軍AT-STの圧倒的な火力で焼き払われていく。実は、オリジナルではそんなイウォークが命を落とす衝撃的なシーンも放送されるのだが、今回の放送ではカット。可愛いだけじゃない戦闘シーンの生々しさが際立つ名シーンだ。

SNSの反応

・イウォークくんの悲しいシーンカットしたのか?許せん
・イウォーク戦死シーンもカットされとる
・イウォークの仲間が死ぬシーンカットか
・残念ながらカットされた『スターウォーズ』史上屈指の悲愴的な死の場面。

▼結論;オリジナルをもう一回見ようぜ!

そのほかにも、ウェッジの戦闘シーンをはじめ各キャラクターのみどころがどうしてもカットされてしまっていた。たしかに大筋の流れとは大きく関与しないため仕方がないことなのだが…名シーンが多い傑作だけに、ぜひ今一度オリジナルを見て頂きたい。あなたの一押しシーンは?

>『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』を観る!

フォトギャラリー

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST