山﨑賢人がピアノと向き合う!『羊と鋼の森』ティザービジュアル&場面写真解禁

(C)2018 「羊と鋼の森」製作委員会

(C)2018 「羊と鋼の森」製作委員会

宮下奈都原作、2016年「本屋大賞」を受賞した同名小説を山﨑賢人主演で実写映画化する『羊と鋼の森』(2018年6月8日公開)。山﨑演じるピアノの調律に魅せられた一人の青年・外村直樹が悩み、迷い、挫折を経験しながらも、一歩一歩前へ進んで行こうとする、みずみずしくも逞しい“成長物語”。

今回、その外村の姿を捉えたティザービジュアルが解禁に(TOP画像)。ピアノと向き合う真摯な眼差しは、まさに職人そのもの。そして、同じく一枚の場面写真も同時解禁に。日本ピアノ調律師協会の会長から直々に指導を受け、ピアノの調律の練習を重ねて撮影に臨んだ山﨑。作品の空気感を象徴するような一枚となっている。

(C)2018「羊と鋼の森」製作委員会

(C)2018「羊と鋼の森」製作委員会

【『羊と鋼の森』ストーリー】

「羊」の毛で作られたハンマーが、「鋼」の弦をたたく。ピアノの音が生まれる。
生み出された音は、「森」の匂いがした――

北海道の田舎で育った主人公・外村直樹は、高校でピアノの調律師・板鳥宗一郎に出会う。彼の調律したピアノの音に「森の匂い」を感じ、調律師の仕事に魅せられ、その世界で生きていくことを決める。そして専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で調律師として働くようになるのだった。一番年齢が近く兄のような存在である柳につきながら、調律師としての道を歩み始めた外村は、一緒に回るなかで、高校生姉妹、和音と由仁に出会う。同じ柳の調律したピアノながら、明るく弾むような音色の由仁に対し、端正でつややかな音を奏でる和音の音。外村は、そんな和音の音に魅了されていく―。


映画『羊と鋼の森』
2018年6月8日(金) 全国東宝系にてロードショー

出演:山﨑賢人、鈴木亮平、堀内敬子、仲里依紗、城田優、森永悠希、佐野勇斗、光石研、吉行和子
監督:橋本光二郎
脚本:金子ありさ
製作:「羊と鋼の森」製作委員会

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST