オダギリジョーのフリップが真っ白? そしてリアル「ルームロンダリング」芸人登場で会場から悲鳴も…? 映画『ルームロンダリング』完成披露試写会

(左から)片桐健滋監督、健太郎、池田エライザ、オダギリジョー、渋川清彦

(左から)片桐健滋監督、健太郎、池田エライザ、オダギリジョー、渋川清彦

7月7日公開、池田エライザ主演『ルームロンダリング』の完成披露試写会が都内にて開催され、主演の池田と、オダギリジョー、健太郎、渋川清彦と監督の片桐健滋が登壇した。本作は、池田演じる八雲御子がワケあり物件の履歴を抹消し、クリーンな空き部屋へ浄化する“ルームロンダリング”の仕事をする中で物件に棲み着いている幽霊たちとのコミュニケーションを軸に、御子の成長と、彼女の家族にまつわる物語を描く。

>写真をもっと見る

現場に入るまでコメディだと気づかず…?

あいにくの雨の中、沢山の観客を前に池田は「早い時間から待ってくださっている方もいらっしゃって、本当にありがとうございます」とお礼を。そして、オダギリはMCから池田との共演について聞かれ「思い出……えーと……ないです」と正直な返答で会場から笑いが。それでも「撮影中にミーアキャットをペットにしようかどうかを悩んでいらっしゃいました」と話すと池田は「よく覚えてますね」と笑顔を見せる。

続く渋川は客席を観ながら「…いっぱいいるなぁ」とニンマリ。そして「パンクスなんだけど、こういうポーズ(劇中でも見せるハンドサイン)をさせまして。俺は『違うな…』と思ったんですけど、監督が言うのでね」とキャラの裏側を明かし、片桐監督も思わず苦笑い。MCからも「メタルみたいな感じですよね」と突っ込まれてしまう。そして健太郎は「今まで演じたことのない役。キーポイントとしてメガネがありましたが、メガネの上げ方はいろんなパターンやりましたね」とこだわりがあったことを明かした。

トークの様子

トークの様子

「台本いただいたときは『母とのお話だな』って思っていたんですが、現場で渋川さんと共演するまではこの作品がコメディだとは気づいていませんでした。『あれっ、これってもしかしてコメディなのかも?』って…」という池田に「それってどういう事??」と突っ込まずにはいられない渋川に再び笑いが。「感無量と言うか…片桐監督と梅本竜弥は昔から知っていて、友達に近い関係だった彼らが脚本をかきあげたことが嬉しくて、しかもそれがオリジナルで。なので、一枚一枚大切に台本を読みました」というオダギリに片桐監督は「中村義洋監督の『残穢』をやっているときに思いついた企画で。それを下北沢の居酒屋で(梅本さんと)二人でまとめていった感じですね」と、この企画の成り立ちを話した。

そして池田の起用について聞かれると「『ダ・ヴィンチ』に書評を書かれていたので、外面よりも内面がわかったのと、よくご一緒していた廣木隆一監督が『エライザ暗いよ!』って言われたのがガツンときた感じですね。そういうの大好物なんで」とコメント。これに首を傾げる池田は「監督はよく観てらっしゃるので、そう思うならそうなのかもしれません」と答えた。

オダギリ、トークのフリップが真っ白? その理由は…

本作はルームロンダリング=部屋の履歴浄化だが、それにかけてロンダリングしたいことをフリップに書いたのだが、なぜかオダギリだけ真っ白。これを疑問に思ったMCは「オダギリさん空白ですね。(ロンダリングしたいことが)ない?」とツッコまれるとオダギリは「ちょうどペンがないって言われて…」とまさかの回答に会場爆笑。「書きたかったんですけどね…まさかの白紙で出すっていう。こんな事があるのかなって」と申し訳なさそうにコメント。さらに「黒歴史がないっていうことですかね」と畳み掛けられると「黒歴史の話なんですか(笑)」と吹き出してしまい、池田も思わずフリップで顔を隠す爆笑ぶり。

※見えないのではなく本当に真っ白…

※見えないのではなく本当に真っ白…

また、「23くらいの時…初めて海外に行った時、酒飲みすぎて、着陸と同時に吐きました。あれはちょっと恥ずかしかったですね」という渋川。「ギリギリまで大丈夫だったけど、着陸したときの衝撃できちゃいましたね」と若気の至りを告白。健太郎は「バスケの試合は盛り上がるので音が聞こえるはずだったのに聞こえない。そうしたら、高校の名前が間違っていたので…すごく名前が似ていたし、駅も一つ違いくらいだったんですが、途中から行くのもあれだしなと思って行くのを諦めました。僕からすると許せない理由だなと思います」との回答に「怒ってらっしゃいます?」とMCに返されて「いやいやいや(笑)」と笑顔で否定するなど様々なエピソードが飛び出した。

リアル「ルームロンダリング」芸人登場で会場から悲鳴

さらにこの日、本当に事故物件に住んでいる松原タニシがゲストで登場。「5年間で6軒住んでいる」と住んでいるからこそ出せるガチな二択クイズに会場からは思わず悲鳴が起こるなど盛り上がり、「怖い話をする芸人もやっているんですが、怪談の番組のオーディションで自己紹介しただけでスタッフの数珠がパーンッと弾けた」など笑いの要素ゼロな恐怖話も飛び出した。また「安いし」と事故物件の魅力を語る松原は「今住んでいるのは3DKで3万円なんで」という情報に会場からどよめきが起こるも「持て余してます」とコメントしてその余裕ぶり(?)も見せていた。

松原タニシ

松原タニシ


映画『ルームロンダリング』
2018年7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー

コミックビーム連載中「ルームロンダリング」
単行本(上巻)発売中!!

TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2015 準グランプリ作品

出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー
監督:片桐健滋
脚本:片桐健滋・梅本竜矢   
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
配給:ファントム・フィルム

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST