イベントプロデュースに『マッサン』熱演… バッファロー吾郎の「広い顔」

『ダイナマイト関西』は、キャスティングから会場まで、全てをやるバッファロー吾郎

キャスティングから会場まで、『ダイナマイト関西』を手掛けるバッファロー吾郎

芸人をプロデュース、将来は「事務所対抗」も

関西で、その名を知らない人はいないバッファロー吾郎。彼らは「芸人」としてだけではなく、いくつかの顔を持っている。

ひとつは、「プロデューサー」としての敏腕ぶりが挙げられる。

99年、大阪の小さなライブハウスでお笑いイベント『ダイナマイト関西』(以下、D関)を主催。今年、15周年を迎えた。“1対1の大喜利対決”のトーナメント戦である『D関』は、芸人としての実力が如実に現れる。友近、小籔千豊、ケンドーコバヤシ、笑い飯、千鳥、天津などは、この大会を機にスターとなっていった。

まだ売れていなかった彼らに声を掛けたのは、主催者のバッファロー吾郎だったオファーについてはマネージャーで話が止まっていたことなどもざらであったという。「芸人に直接話したらかなり乗り気だった」(バッファロー吾郎・竹若)ということもあったようだ。

いずれにしてもバッファロー吾郎の芸人選択眼は狂いがないようだ。D関についても「事務所対抗のリーグ戦もいいかも」(バッファロー吾郎A)と、アイディアは尽きない。

ドラマ進出はまだまだ道半ば? バッファロー吾郎A・木村

ドラマ進出は道半ば? バッファロー吾郎A

NHKの連ドラ出演で俳優業にも進出

もうひとつは、バッファロー吾郎Aの俳優としての顔である。

4年前、フジテレビ系の深夜枠で『もやしもん』でドラマデビューすると、昨年はNHKの土曜ドラマ枠『夫婦善哉』でらっきょ役で好演。

このときの演技が評価されたのか、『花子とアン』では落語家役で、『マッサン』では巡査役で朝ドラにまで進出。俳優としてのステップを、着実に踏んでいるのだ。

『マッサン』の舞台裏を、バッファロー吾郎Aが明かす。

「現場はいい雰囲気で、楽しかったです。(シャーロット・ケイト・フォックス演じる)エリーは、すごく頑張っているなと思いました。台本が日本語用、ローマ字用、英語用と3冊もあるんですよ。ずっと勉強していて大変なのに、現場で笑顔を絶やさない。

最初に絡むシーンで、『ファニーポリスメン!』と言われたときは、(今回の撮影で)いちばん嬉しかったですね」

今後、さらなるドラマ界への進出はあるのだろうか。

「めっちゃ出たいです。でも、今のところ、ドラマや映画から一切オファーがきていません。出たいな〜(笑)」

芸能界広しといえども、3つの分野で成功しているタレントはそうそういない。

ダイナマイト関西DVD情報

ダイナマイト関西2014

2014年12月3日(水)

『ダイナマイト関西2014』

価格:4,500円(税抜)
発売元:よしもとアール・アンド・シー

“完全ガチ”の全日本大喜利選手権、ダイナマイト関西の2014年大会をパッケージ。バッファロー吾郎・竹若、オードリー・若林らが進出した決勝トーナメントと、予選リーグからセレクトした名場面をそれぞれ収めた2枚組。

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST