“パンチラシーン”に挑んだ「トッキュウジャー」小島梨里杏 深堀インタビュー!「今年は“○○の年”にしたい」

昨年放送された『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)でトッキュウ3号・ミオを演じ、世間に顔を知られるようになった女優・小島梨里杏

小島

小島梨里杏

今年は現在放送中のドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS系)をはじめ、10月に公開される映画『先輩と彼女』、さらにパンチラやお色気シーンに挑戦し話題を呼んでいるWeb配信ドラマ『みんな!エスパーだよ!~欲望だらけのラブウォーズ~』に出演するなど、女優として大活躍中の彼女に聞いてみた。

『みんな!エスパーだよ!』初挑戦のお色気シーンは「スッと…」

――『みんな!エスパーだよ!』では、お色気シーンが多かったと思うのですが、どんな気持ちで撮影に挑みましたか?

小島梨里杏(以下、小島):よく「恥ずかしくなかったですか?」とか「抵抗ありませんでしたか?」とか、周囲の方たちは気を使ってくれていたみたいなんですけど、実際は全然気にしていなくてスッと撮影に入れました。この作品を知らなかったら恥ずかしさとかもあったかもしれないんですけど、もともと園(子温)監督が大好きで前作も見ていたので、一ファンとして好きだった作品に出られることが凄く嬉しかったです。それよりも、私がこれをやってみんながどう思うんだろうなっていう方が気になりましたね。

――なるほど。では役を演じるにあたって何か参考にした作品や演者はいますか?

小島:明日香という役に関しては参考にしたものは特にはないのですが、お色気シーンに関しては自分が持っているものも含めどうせた方がエロく見えるのか、ドラマ版を全部見返して参考にしました。(綾部真弥)監督も仕草とか力加減、息遣いにこだわっているので、現場では身振り手振りでアドバイスをしてくださいました。

――「エロさ」についてかなりお勉強されたんですね。

小島:はい(笑)。勉強して、女性目線と男性目線で感じ方や好きなポイントが違うところなど、新たな発見がありました。でも、撮影に入って実際演じてみると、勉強したことより監督にリアルな声をいただく方が断然わかりやすかったですね。

『表参道高校合唱部!』主演・芳根京子と“号泣ハグ”

『表参道高校合唱部!』では自分と正反対だったから、わくわくした(小島)

『表参道高校合唱部!』では自分と正反対だったから、わくわくした(小島)

――では、現在放送中の『表参道高校合唱部!』(TBS系)についても聞かせてください。同作では“いじめっ子”という難役を忠実に演じておりとても感心したのですが、今までにない役を演じてみての心境や、周りの反響を教えてください。

小島:ロケ先のマネージャーさんの部屋で今回のドラマの台本をもらったのが最初なんですが、マネージャーさんは意地悪な役ということで色々悩んでいたみたいで。でも私は台本をもらったとき、普段絶対に言わないようなセリフや考え方をしている役だったので凄く嬉しいし、ワクワクしてました。だからオファーをもらったときは楽しみな気持ちの方が大きかったです。演じてみると自分とは何もかも正反対というか、ここまで意地悪なことする子いるのかな? という感じで結構難しかったんですけど(笑)。

――マネージャーさんは今回の役を演じるにあたって、心配されていたんですね。

小島:はい。私が「この役面白いね」って言ったら驚いてました。

――好奇心旺盛ですね! 現在も撮影中ということですが、結構現場には慣れましたか?

小島:合唱部のメンバーはドラマに入る前に集まって練習をしていて、合唱部内でのチームワークがすでにできているところに入ったので、少し寂しい反面、距離が多少ある方が役柄的にもいいかなと思いました。

ただ、主演の芳根京子ちゃんとは共演経験もあって仲が良かったんですが、今回の役では芳根ちゃんを最初のターゲットにする役だったので、今でも近寄れないというか良い意味で距離は保っています。近づきすぎて仲良くなりすぎるのも良くないなと思ってるので。

――撮影現場では考えながら行動しているのですね。

小島:はい。でも、芳根ちゃんとは映画『先輩と彼女』でも三角関係という設定だったので、その時もお互い距離は置いてました。それで、打ち上げのときに2人で思いを話し合って、何故か2人で号泣するという(笑)。

――熱いですね(笑)。

小島:号泣してさらにハグをするという(笑)。それをきっかけに仲良くなったんですけど、次も対立関係にある役でした(笑)。

――そういう縁なのかもしれませんね(笑)。

いちばん共演したいのは「エスパー」のアノ人

――今まで多くの俳優さんたちと共演したと思いますが、今後共演したい方などはいますか?

小島:『みんな!エスパーだよ!』にも出演されている、安田顕さんです! 同作で絡むシーンは少ししかなかったのですが、安田さんとのシーンは本当に楽しくて。安田さんに「ドランク」(人を酔っ払いに変えてしまう能力)をかけるシーンの安田さんの演技が最高に面白くて(笑)。なので、テストからドランクかけるのが凄く楽しみでした。

20歳までに何も残せなかったら女優を辞めようと「圧」をかけていた

『烈車戦隊トッキュウジャー』出演が、女優を続けたきっかけだった (C)2014 テレビ朝日・東映AG ・東映

『烈車戦隊トッキュウジャー』出演が、女優を続けたきっかけだった (C)2014 テレビ朝日・東映AG ・東映

――これまで沢山の作品に出演されたと思うのですが、その中で自分のターニングポイントになったものはありますか?

小島:どの作品も思い入れが強くて選びづらいのですが、一番私のことをみなさんが知ってくれた作品は『烈車戦隊トッキュウジャー』だと思います。

20歳なるまでに何も残せなかったらやめようかなと自分に圧をかけていたんですが、そんなときに出会えた作品なので私の20歳はトッキュウジャーに捧げました。それに私を応援してくださる方々もトッキュウジャーでやっていたミオちゃんの役のイメージが強いと思うので、最近の『みんな!エスパーだよ!』や、『表参道高校合唱部!』の役柄をやることは凄く良いギャップになってるのかな? 思っています。

――確実にキャリアアップされてますね。『烈車戦隊トッキュウジャー』では戦士、『表参道高校合唱部!』では学生を演じていますが、今後演じてみたい役や作品があれば教えてください。

小島:今後は年齢も近いこともありますし、ドラマ『オレンジデイズ』(TBS系)のような、キラキラした大学生のキャンパスライフを描いた作品などに出てみたいです。連続ドラマは週に一度の楽しみでもあるので、今後はみなさんにワクワクを与えられるような人になりたいなって思います。

――最後に、今後の目標を教えてください。

小島:昨年『烈車戦隊トッキュウジャー』に出演してから様々なジャンルの作品に出られるようになったので、今後もファンのみなさんが驚くような役を演じたいと思っています。昨年のトッキュウジャーとはまた違う“覆しの年”に出来たらいいなと思います。

(文:齋藤里菜)

衣装協力:Supreme.La.La.、Marblee

TBS肝いりドラマ『表参道高校合唱部!』主演・芳根京子のシンデレラストーリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

小島梨里杏

生年月日1993年12月18日(24歳)
星座いて座
出生地東京都

小島梨里杏の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST