篠崎愛、最初で最後の「限界ギリギリ」新写真集は「今の私の結晶」

篠崎愛『結晶』

篠崎愛『結晶』

グラビアアイドルの篠崎愛が3日、最新写真集結晶(11月2日発売)の出版記念イベントに出席。「限界ギリギリ」だという同写真集をアピールした。

>篠崎愛の作品をもっと見る

今回の写真集は、篠崎にとって約3年ぶり10作目の新作。沖縄とハワイを舞台に、豊満ボディを大開放した。また初の試みとして日本版(『結晶』)、韓国版(『夢幻』)、台湾版(『戀愛』)をエディション別に同時展開する。発売前には重版が決定し、合計1万7千冊を発行した。

タイトル『結晶』に込めた意味は「色んな思いがある。25歳になって今しかできないことが全部詰まった、今の私の結晶」と解説。4月に沖縄、5月にハワイで実施した撮影に関して「けっこう風が強くて髪が乱れまくった。それもいい感じに切り取った、いい瞬間を撮ってくれました」とニッコリほほ笑んだ。

中身は「今まで以上に大胆なショットがたくさん詰まっている」とアピール。かつては「下乳とか着てない風に見えるのとかは、なるべく撮らないようにしていた」ものの、「25歳、大人の女性になったので、写真集だし、いいかなと思って」水着や下着を脱いだNGショットを解禁。自身で「限界ギリギリ」だと評した。

目玉の手ブラシーンは「自分ではあんまり出ている感じに見えない。友達も『え、脱いだの?』って言われる」と明かしている。

最新写真集『結晶』の出版記念イベントに出席した篠崎愛

最新写真集『結晶』の出版記念イベントに出席した篠崎愛(画像クリックで写真一覧)

自身のお気に入りのカットは、白のビスチェを身に着けたカット。「癒やし感があるし、ローリーな感じもセクシーな感じもあって色々想像できると思って気に入ってます。物哀しい感じ、ちょっと誘っている感じがいい」と自画自賛。そして「ビスチェが好き。キュッと締めてくれるので。いい凹凸を出してくれる」と話した。

本写真集は“最初で最後の……”と銘打っているが、グラビア活動を卒業するつもりは「ない」と否定し、「需要がある限りは続けようと思う」とコメント。同フレーズはあくまで露出度の高さのことであり、「こんなに出すこと……出せることはなくなってくるかもしれないので」と説明した。

今回の3ヶ国発売にかけて、どの国の男性がタイプなのか問われると「ガンガン来られてもイヤですし、シャイ過ぎてもイヤ。ちょうどいい感じの人がいるといいですけどね、フフフ」と回答。そして「健康的な人がいい。私がいっぱい食べるので、ご飯をいっぱい食べる人がいい」と付け加えていた。

篠崎愛・これまでの主な作品

篠崎愛/Skip』(2006年)

篠崎 愛/愛 LOVE YOU』(2006年)

篠崎愛 LOVEちゃん』(2007年)

みるく色の愛』(2008年)

<アイドル・ワン> 篠崎愛/愛いっぱい。』(2009年)

篠崎愛 フラウ』(2009年)

ラブスポ!』(2010年)

甘い果実』(2011年)

パンツの穴 THE MOVIE -童貞喪失ラプソディー​』(2011年)

このタグがついた記事をもっと見る

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST