天木じゅん、セカンド写真集で“全裸”も 史上「最大の露出」

17日、“2次元ボディ”と称されるグラビアアイドルの天木じゅんが都内で行われた写真集『天木じゅん セカンド写真集 Jun_limited』の発売記念イベントに登場した。

“お色直し”で黒の水着を付けて登場した天木じゅん

“お色直し”で黒の水着を付けて登場した天木じゅん

>天木じゅんの作品をもっと見る

>写真集カットと“お色直し”会見の画像をもっと見る(全25枚)

フォトセッションでは胸元がざっくりと開いたピンクのワンピースで登場、2回目の“お色直し”は黒のビキニでナイスボディを惜しげもなく披露した。

昨年10月にハワイで撮影された今回の写真集で、天木は「お尻の線」を初解禁。肌の露出具合は天木史上「最大」という今回の写真集は「撮影している時に自分の成長度合いを感じていた。自分のさじ加減で撮影していたら、(限界を超えて)こうなった」と、結果的に“限界ギリギリ”の作品に仕上がったことを明かした。

天木と言えば「天乳」と呼ばれる美バストが武器だが、今回は「胸だけじゃなくてお尻も武器にしていこう」と、ヒップを意識。お気に入りは森林で撮影した妖艶なポーズで、「ジャングルに住んでいるようなポージング。お尻も胸もきれいに撮れていた」と振り返った。

天木

写真集で一番セクシーだったシーンを披露する天木じゅん。「煮卵みたいなお尻」(天木)

最もセクシーなカットを聞かれた天木は、美尻があらわになったシャワールームのシーンを披露。「煮卵みたいなお尻になった」このカットで、天木は全裸状態だったという。目を閉じながら舌を出したポーズは「シャワーを浴びて、あ~すスッキリ!っていう感じです」とシチュエーションを説明したが、スッキリとはかけ離れた妖艶な表情に報道陣も苦笑。

次回作は「今出せる全部を出したので、その先は考えます」とコメントした天木だが、美尻については「100センチの倉持由香ちゃんにはかなわないが、目指したい。4月かラ始まる連続ドラマにも出演するので、お芝居もお尻も頑張りたい」と、決意を新たにした。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST