三浦大知がニューアルバム『HIT』で目指したものとは?【インタビュー】

三浦大知

─現在放送中の『仮面ライダーエグゼイド』の主題歌「EXCITE」が自身初のオリコン1位を記録しました。

「ありがたいです。仮面ライダーの歴代主題歌でも初1位というお話で、すごく嬉しかったです」

─子ども向け番組の主題歌というにはエッジの立った曲でしたよね。

「仮面ライダーチームと話をしたときに、三浦大知さんらしく思いっきり作ってほしいって言ってもらえたので、今の三浦大知が仮面ライダーでできる最新のダンスミュージックを、という感じで試行錯誤して作ったんです。子ども向け、みたいなことをあまり意識しなくても、カッコ良いものを作れば子どもたちには伝わるだろうと。なんかヒーローって、子どもに限らずテンション上がりますよね。代々木(国立代々木競技場第一体育館)のライヴでも仮面ライダーエグゼイドに登場してもらったんですけど、すごく盛り上がって。今のタイミングを逃したらもうコラボレーションなんてできない、このエンターテインメントを逃すわけにはいかないって思ってお願いしたので、一緒にできて良かったです」

─そして、その「EXCITE」を含めたアルバム『HIT』が3月22日に発売されるわけなんですが、「EXCITE」や「Cry & Fight」のエッジの立ったダンスミュージックが入っている一方で、「Star」の直球バラード、「Neon Dive」や「Body Kills」はフューチャーハウス、SOIL& "PIMP" SESSIONSをフィーチャーした「Rise Up」はブラジリアンだったりと音楽的情報量の多い作品だなと思いました。

「今回の『HIT』はコンセプチュアルにするんじゃなくて、自分が良いと思ったものを詰め込んだ感じですね。ジャンルにわけられないものの方が面白いんじゃないかな、“今”に合っているんじゃないかなと僕は思うんですよ。聴き方も多種多様になっているし、それぞれが好きなものを選んで聴く。2016年はテレビ番組にたくさん出させていただいて、このアルバムが発売になる頃には三浦大知のエンターテインメントを知ってくれている人が多くなっているなと思っていたので、何かに属しているよりは、三浦大知は三浦大知として、いろんな振り幅があるというのを示したようなアルバムにできたのかなと思います」

─そういうジャンルにとらわれないサウンドでありつつ、三浦大知さんが歌うことで最終的にポップスとして昇華されているのかなとも思うんですが。

「それは何か…歌うことっていうのはダンスと一緒で。その歌の世界観において、自分がどういう風に在るべきか、みたいな感じですね。僕の場合は、自分で歌詞を書くこともあれば、提供していただくこともあるんですが、どちらのパターンもあるのが良いなと思っていて。今回のアルバムでも、自分で歌詞を書いた『Darkroom』と提供してもらった『Body Kills』は同じ日に録ったんですよ」

─この2曲は歌い方もサウンドも全然違う雰囲気ですよね。

「自分の想いを言葉として表現するのも良いし、物語の読み手というかストーリーテラーになってみるというのも、自分には見えてなかった景色を見せてもらえる感じがしていて、すごく面白いんですよ。だからレコーディングしたもののどれを採用するかの最終的なジャッジはあまり自分ではしないんですね。自分で全部ジャッジしちゃうと、ある程度の好みみたいなものが出てきちゃう気がするので、それよりは“聴いたときの面白さ”みたいなことを優先することの方が多い気がします。そういう選択がアルバムという形になるといろんな方向性が出て、それが武器、みたいになれば面白いと思うし」

─拘らないことが拘り、というか。

「バンドみたいにベースやギターがいる中で作らないといけないというわけじゃないし、ひとりだからこそ、極端な話、タムだけの曲があっても良いわけじゃないですか。こういうジャンルとこういうジャンルをミックスしてみたいとか」

─やりたいことをやると。

「そうですね。基本的にやりたがりなんです。サウンドを作ることも、歌詞を書くことも、振り付けするのも、興味があるものはすべてやってみたい。その中で自分のやりたいことと他の人が持っているものをかけ合わせて、最終的に自分の思っていたものと全然違うものが出来たりするサプライズがすごく面白いんです」

─とは言いつつも、今回のアルバム1曲目「Darkest Before Dawn」は、アコギと歌という超シンプルな形で始まりますよね。ここに何か意味が?

「意味というよりは、この曲を作ったNaoさん(音楽プロデューサーNao'ymt)の曲はどれもその世界観をあのまま聴いてほしいと思っちゃうんです。前後の曲に影響されてほしくないというか」

─だからラストもNaoさんの楽曲「Hang In There」だと。

「そうです。まっさらな形で聴いてもらうか、これまでの音楽を全部受け止めて聴いてもらえるような立ち位置になるか。Naoさんの曲はその2択になるんですよね」

─歌詞の内容的には“そこにいるのは君ひとりじゃない”とポジティブに歌う「Darkest Before Dawn」で始まり、“変わるにはおそすぎる”と歌う「Hang In There」で終わるということが意味深に感じてしまいました。

「ああ、でも僕は、曲順に関して言うと、最後の曲が終わった時に1曲目に戻りたくなるようにっていうのを考えていて、今回も『Hang In There』…頭文字で『HIT』、アルバムのタイトルになる曲で終わるように見せつつ『Darkest Before Dawn』に戻れるっていう…『Hang In There』が実は1曲目、みたいな聴き方もできるように考えました」

─なるほど。そうやって伺うと、とても面白い曲順に感じます。

「僕は聴いてくださる方にとっても、自分自身にとっても、クリエイターの方にとっても、遊び場になりたいっていう意識がすごくあって。“三浦大知だから何か良いんじゃない?”とか“大知くんところで試したらこのアイデアは面白くなるんじゃない?”みたいな。そういうチャレンジできる場所になっておくと、見せ方の幅も広がるし、やったことのないことができるし。いろんなことをやっているのが“三浦大知”らしさなんだってところにまで到達すると、自分としてももっと楽しくなるかな、と思ってます」(取材・文:加藤良子)

三浦大知 リリース情報

HIT

NEW ALBUM
2017年4月8日レンタル開始
2017年3月22日発売

CD+DVD:AVCD-16752/B 3,900円(税抜)
CD+Blu-ray:AVCD-16753/B 4,300円(税抜)
CD:AVCD-16754 3,100円(税抜)
TSUTAYA 予約/購入特典
先着特典
三浦大知コスチュームステッカー(A)
三浦大知応募用シリアルナンバー入りアクセスカード
抽選特典
プレミアムアコースティックLIVE&サイン入りグッズ
A賞 【東京】三浦大知×TSUTAYAスペシャルイベント
合計260組520名様ご招待予定
日程:5月13日(土) 会場:東京都内某所 ※1会場2回公演予定
B賞 【大阪】三浦大知×TSUTAYAスペシャルイベント
合計260組520名様ご招待予定
日程:5月21日(日) 会場:大阪府内某所 ※1会場2回公演予定
C賞 サイン入りグッズ…5名様
※抽選特典の詳細は、対象商品をお買い上げの際に先着でお渡しするシリアルコード付アクセスカードをご覧ください。

⇒作品紹介・レビューを読む

DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL at 国立代々木競技場第一体育館

Blu-ray&DVD
2017年3月22日発売

2DVD:AVBD-16756〜7 5,500円(税抜)
Blu-ray:AVXD-16758 6,400円(税抜)

⇒作品紹介・レビューを読む

三浦大知 オフィシャルサイト

三浦大知の関連記事をもっと読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

三浦大知

生年月日1987年8月24日(30歳)
星座おとめ座
出生地沖縄県

三浦大知の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST